紅の町 吹屋を訪ねて 1.

e0112226_1444561.jpg



別館2に注力してたり、他モロモロあったので、こちら放置プレイでした〜スイマセン (^^ゞ

気を取り直して…直近のお出かけ…というと〈吹屋〉に行ってきましたvv

先日、雨中決行で登った〈備中松山城〉と同じく岡山は高梁市にあり、なんか最近“備中”づいてるなぁ〜と思ったら、イカンイカン!!そこは合わせなくていいから!!な、またもや雨っ!!!! 晴れオンナは献上して、雨オンナになろうかしら…(>_<)//




e0112226_20161189.jpg




吹屋は、銅山から採取した赤色顔料な〈ベンガラ〉の一大生産地として栄えた町で、以前から母が「イイ所よ〜青春きっぷで行けるし」とのたまっていたが、もしもし母サマ。駅からごっつ遠いやん?!(本数少ないバスで1時間)

だからマイカー飛ばしてきたんだが、寄り道渋滞込みで大阪から3時間はかかるので、アクセス至便とは決していえない。しかも結構な山中にある。

でもその分、当時と変わらぬ美しい町並みが残り、国の重要伝統的建造物群保存地区や都市景観大賞などに認定されている。いわば、アタシが伊国に行く時に大いに参考にする「I Borghi più belli d'Italia〜イタリアで最も美しい村」の日本版!ってとこですねvv





e0112226_184712100.jpg




ほらほらほ〜〜らっ!!!
まるでイタリアはシエナを思い出すかのような赤い屋根。
まんまバーントシェンナ色だね。

これはベンガラの紅色に合うようにと、
島根の〈石州瓦〉が使われているそうだ。

なんで島根?!って思うが、吹屋は岡山の北部にあるので島根や鳥取まで20キロ足らず。でもって、当時の石州(島根)には、瓦をはじめ腕のいい宮大工がいたので、彼らを呼んで町の普請を頼んだそうだ。




e0112226_1241972.jpg




そう…ここに吹屋のエラさがある。

ベンガラで財を成した豪商たちが好き勝手に豪邸を建てたワケじゃなく、町に統一感を出してキレイにしようじゃないか!というコンセプトを打ち立て、それを基に景観を整えたからだ。




e0112226_1354164.jpg




これって現代じゃなく明治くらいのお話…と思うんだけど、その当時、こんな先進的な考え方を持ってたなんてスゴイと思いません?!

お陰で今、アタシたちは、美しくも「紅い」町並みを拝むことができる。

彼らはそんな事まで考えてなかったとは思うが、先人たちの知恵や配慮で遺るモノは遺り、それが遺産にもなるのだ。現代人もそこんとこ、ちゃんと考えなきゃ!って思った。




e0112226_14342475.jpg




開局明治7年の郵便局♪
やっぱ町が整備されたのは明治だったんだねvv

茶色…というかレンガ色ののれんがベンガラ染めだ。

何度も染めを繰り返すと、もっと「濃く」なるし、昔はホントに「紅色」しかなかったけど、加工技術が進み、今ではたとえばウコン色や黒、オレンジ色などいろんな色が作りだされている。




e0112226_14444312.jpg




せっかく本場に来たんだもん。
染色してる三国の母のお土産は「ベンガラ」で決まりっ!!!

とイイながら、隙あらば何かベンガラ染めしてもらおう♪と画策してるせこいアタシであった(^^ゞ

つづく…
[PR]
by giova21 | 2016-06-04 23:45 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21