いきなりドライブ@吉備路をGO〜!! 2. いざ登れ備中松山城

e0112226_18392373.jpg



岡山を代表する…いや、日本の100名城にも選ばれている〈備中松山城〉を差し置いて?! 最初に鬼ノ城へスッ飛んでしまったアタシだが、今回は晴れてその松山城に行ってみようvv

え?電車(青春きっぷ) でも行けるやん?ってか?
そ、そ、そうなんですが……
駅から遠いし、ちょうどイイ機会だったんで…エエ、ハイ( ̄o ̄)

とはいうものの、クルマで入れるのは途中まで。
シャトルバスに乗り換え八合目から歩き…となる。




e0112226_18452560.jpg




マイカーが入れないその理由、ほどなく判明!

クネクネの山道の狭いこと狭いこと!!! コッチは即、谷底だし、アッチは蓋ナシの側溝。対向車来たらマヂ逃げ場がない。こんな道絶対走りたくない。

登り下りの一方通行で対向車はないものの、こんなオトロシイ道をフツ〜の市バスサイズで走るンだから、拍手喝采ものである。カーブなんて、視界が下に落ちてたもん(TOT)// 下車した時、思わず「スゴイ運転でしたね〜!!!!」って声かけちゃったよ(笑)



e0112226_1855187.jpg




バス降りたらそっからテクテク山道を登っていく。
700m20分…ってあるが、それはかなりの健脚者用タイム。

下が濡れて滑るし、そもそも山道に適した靴履いてないから、優に30分以上かかっちゃった。しんどかった〜〜(>_<)//

普段のスーツ姿はどこへやら。今日はまるで「海釣りね〜ちゃん」ですな〜てなカッコだったS姐が、偶然、ガッシとした山な靴を履いててちょっと口惜しかったデス(笑)




e0112226_152057100.jpg




運悪くバスツアーな団体さんとぶつかってしまい、そうでなくても広くない天守内、ギゥギゥ詰め。急な階段は一人づつしか上り下りできないのに、我先に入っていくもんだから困っちゃった。

彼の国のマナーの悪さがよく引き合いに出されてるけど、これじゃあ〜日本人も誉められたもんじゃない。でもでも、年配の方が多かったのに、あの山道登ってきたんだよね?!それは感心しちゃいます(^^ゞ




e0112226_15385235.jpg




我が国には、江戸時代またはそれ以前に建設され、現代まで遺っている天守閣を持つ城〜現存天守〜が十二ある。

左上から→順に

1段目:姫路城 松江城 松山城
2段目:彦根城 備中松山城 高知城
3段目:松本城 丸岡城 宇和島城
4段目:犬山城 弘前城 丸亀城


うぉおお〜!!! こぅやって並べて見ると壮観だわさ(//∇//)
マニアじゃなくても心躍る。
しかも全部西日本。でもって、四国に4つもあるんだね!!!

その中で備中松山城は最も規模が小さいが、十二城唯一の「山城」で、よって最も高い所にあるのだvv




e0112226_1533060.jpg




標高約480m。数字だけ見ると大したことないやん!って思いがちだが、ヒイコラ登ってきた身としては、高さじゃない!勾配なのだ!と、息も絶え絶えに言い切ることができる(笑)

大手門まで来ると「登城、ご苦労であった」という立て看板があり脱力したけど、登城はもちろん、こんな場所に城を築いた事に仰天する ( ̄▽ ̄)//




e0112226_1622611.jpg




見よっ!! 天然の岩盤を活かし積まれたこの石垣をっ!!!!

これだけの石を運びあげたこと。ほぼ当時の姿を遺し、崩れてないこと…などなど。昔の人はほんとエライと思う(>_<)//

クルマ停める前、もっともっと下の山肌にも石垣が遺っていてキレイだったし、城下町には古い武家屋敷や商家も遺っている。降りて散策ができなかったのは残念だったが、お城までの往復でいっぱいいっぱい! お約束の温泉も諦めたもんね。ま、今回は「登城」しただけヨシ!としよう(๑•̀ㅂ•́)و✧

そうそう、「真田丸」のオープニング映像に備中松山城が使われてるそうだ。オンタイムじゃないけどPCで全話欠かさず見てるので、今度からもっと注視してみよ〜っと♪♪




e0112226_16485670.jpg



急いで戻ったけど、返却時間を1時間オーバー。超過料金もしゃあ〜ないわな…って思ったら「イイですよ〜」って。でね、約120キロちょい走ったのに、満タン返しでGS入れたら700円でお釣りがきて「スバラシイ運転ですね〜」って誉められちった(//∇//) ワ~イワ~イ もぉ〜平成レンタカーったら誉め上手!ってか、ありがとう〜♪♪

さ、これで呑めるぞ〜!!! イカナゴの酢漬けに黄ニラ、シャコ。岡山名産をアテに、グルメパンフに載ってたお店(1杯目サービス(笑) で軽く1杯…いや…2杯(^^ゞ もちろん帰りの列車でも 1缶、2缶…以下略。

変則的な青春きっぷの旅だったけど、初めて経験したレール&レンタカーも悪かない。これから選択肢の1つとしてみよう。夏は暑いから、瀬戸内芸術祭は秋の青春でリベンジだぁ〜〜!!!
[PR]
by giova21 | 2016-04-07 23:01 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21