早春の北陸旅2. 能登牡蠣を堪能する

e0112226_1884796.jpg



能登半島といえば天然の生け簀と言われる富山湾が有名だが、その中にもう1つある〈七尾湾〉もまた、内海の穏やかな漁場で行われる牡蠣の養殖で知られている。

通称?!〈能登かき街道〉な246号線は、カントリーサイド特有ののどかな道だけど、そこら中に「牡蠣 かき カキ」の文字が溢れてマス。



e0112226_1822824.jpg



直売所はもちろん牡蠣を食べさせる店も多くあり、食べログを信じて?! 〈かき処 海〉に行くことにした。

平日だったし、よゆ〜で行けるやろ!と踏んでたんだが、フト気になり電話してみたところ、予約でいっぱいでビックリ!!!

なんとか予約をねじ込み、実際店に行って再びビックリ!駐車場もイッパイ!待ってる人もイッパイ! えらごっつぅう〜人ですがな〜!!!!!

とにかく…電話してヨカッタヨカッタ〜(>_<)//



e0112226_18471465.jpg




やっこらせ〜〜と、ようやく席に着く。
テーブルでちゃんと炭がいこっており、たちまち顔が熱くなる。

先ずは定番、焼き牡蠣をばvv (10個¥1000)
大きいね〜立派だね〜プリプリだよ〜♪♪

お馴染みの日生では、牡蠣剥きマシーンと化するアタシだが(なんせ30〜40個はあるから)今回はゆっくりいただけてウマ〜ウマ〜♪♪



e0112226_198728.jpg



そして絶対食べるべき!なカキフライ定食!!!

写ってないけど、カキフライの他に蒸し牡蠣、素揚げな牡蠣の南蛮漬け、そして牡蠣飯!と、ちょっとづつ牡蠣料理が楽しめて大満足!! しかも仰天価格のポッキリ¥1000!さすがの産地ですvv




e0112226_1914939.jpg




クスクス♪♪ 雑炊もトライしてみよう(๑˃̵ᴗ˂̵)و

→ 雑炊…というより、味噌汁…ではあったが。

店内はそれほど広くなく、満席の客と炭の熱気でムンムン暑く、カキ爆弾の熱い汁が隣から襲ってきたり自分たちのが襲ったり…と、てんやわんや状態だが、それがワイワイよい雰囲気ともなっている。

ただ…忙しいからか店の主人が恐ろしく不機嫌で(喜ぼうよ!) それだけちょっとマイナス点。隣席の家族は関東な観光客だったし、きっと指針になる食べログ評価が良いから、異様に客が集中してるんだと思う。

ソレに見合う満足度は確かにあるが、他にも食べれる所があるので、次回は別の店にもトライしてみようvv

それより…念願の焼き牡蠣を食べた三国母が、美味しい美味しい!と喜んでいたのが何よりの収穫であった。また来年…いや、夏の岩牡蠣でもいいよ(笑) また食べに来ようね♪♪




e0112226_11261017.jpg




せっかくココまで北上してきたので(?!) 〈和倉温泉総湯〉へ。

拠点とする三国から遠いので初めて来たんだけど、腰抜かすほど大きくキレイな総湯でビックラした!それはそう…まるで名だたる旅館の大浴場のように広くて快適だったvv 最近、どこの総湯もキレイに改装されてるよなぁ〜。

それはそれでウエルカムな事だが、露天もコインロッカーもなく、暗く狭っちい湯船でジモティと肩並べて入る…という、昔ながらの総湯な風情が少なくなってきてるのはちょっと淋しい…かも。

新しくなれば古い方がイイと言い、古いと新しい方がイイと言い、人間(アタシ) ってほんとワガママ(^^ゞ あ、和倉の湯は、塩が効いてとても良質だったよ〜♪♪ すっごく温まりマスvv




e0112226_1234946.jpg




夜は三国父のために、昼の店で買った牡蠣を天ぷらに。

今日は1日、牡蠣三昧でシアワセだったわ〜(≧▽≦)//
これで今シーズンの牡蠣に心置きなくバイバイできそう(笑)
[PR]
by giova21 | 2016-04-02 23:29 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21