鹿児島の旅 その8. 今度は九州最南端を目指すのだ!!

e0112226_18162823.jpg




鹿児島って、ぐわ〜んと大きな湾を挟み2つの半島があるんだね。だから、指宿のある薩摩半島から対岸、大隅半島に地続きで行こうと思ったら死ぬほど遠回りになる事に気がついた。

じゃ〜ん!そこでまたまたフェリーを使うことにしましたvv
クスクス♪♪ 2回目だからもぅ安心、大丈夫よ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و

薩摩半島と大隈半島を結ぶ〈なんきゅうフェリー〉は、桜島フェリーよりずっとずっと小さく、料金も倍ほどする。

が、地道だと4時間かかるところを1時間で運んでくれるんだからその価値は大いにある!! それに楽しいしvv





e0112226_18313877.jpg




下船する時は、みんなクルマに乗り込みブルブルエンジンをかけ、係員の誘導を待つ。これって、ゲートが開いてさぁ〜スタート!って感じ(笑)

これでフェリー乗車を2回経験したから、なんなら大阪港からマイカー乗っけて九州来る…って手もあるな!!! と、すっかりフェリーが気に入ってしまったアタシ(^^ゞ

さてさて…なぜにこちらに渡ってきたかというと、薩摩半島より更に南に突き出た大隈半島のその先っちょは、九州の南の果てになるワケだ。そう…もぅおわかりですね?去年、四国最西端に行ったほど先っちょマニアなアタシ。九州最南端の佐多岬に是非とも行きたかったのだvv

雨が強くなったり弱くなったりちょっとヤナ天気だが、道中さまざまな「最南端」を掲げる所があったので、それを紹介しながら岬へと向かおうvv




e0112226_191040.jpg




沖縄も「本土」だからこの表記はどうなの?とは思うが……
最南端の郵便局〜〜!!

窓口のお姉さんが大阪出身の方で、アタチたちの関西弁に懐かしく耳を傾けてくれ「プリントし損ねたやつだけど…」と、記念ハガキをプレゼントしてくれました♪♪ ありがと〜!!




e0112226_1952785.jpg



こちらはAコープ。

一時、この付近で「最南端」ブームが沸き起こったんじゃないだろうか?って思ってしまったくらいのアピール合戦!!!



e0112226_19101747.jpg




だってほら、酒屋も負けてないもんvv

これ以南に店ができたら看板ど〜するんだろね?
仁義なき最南端の戦い…である(^^ゞ




e0112226_12375670.jpg




と言ってる間に、お目当ての岬に到着!

駐車場には灯台を模した電話ボックスがあり(しつこいけど) もちろん「最南端」(笑) 黄色いポストの手紙もイイが、最南端から声を届けるのもまたロマンティックだな♪




e0112226_12464279.jpg




駐車場から展望台までは徒歩で約1キロほど。
途中、708年に創建されたという「御崎神社」がある。

縁結びやパワースポットとして人気もあるそうで、周囲は育ちに育ったソテツやガジュマルに覆われ、これぞザ・南国!というか、ジャングルの様相を呈しており、確かに並々ならぬ自然の気が感じられる。




e0112226_13102057.jpg




台湾には何度も行けど、沖縄には行った事がないアタシ。ということは、今まさに、生涯において我が国ニッポンの最も南を歩いているワケだ。スゴイなぁ〜〜!!!

モゥモゥムンムンたる緑の濃さ。生命力。匂い。

他では絶対感じる事のない亜熱帯の特徴は、思わず台湾を思い出すほど。と同時に、それらがとても心地よく感じられるのは、伊国でも同じだけど、アタシってば生粋の南好きなのかもしれない(^^ゞ




e0112226_1342714.jpg



そして……

やった〜!!!! 着いたよ〜最南端!!! (≧▽≦)//

今日の天気が悪い事はある程度わかってたので、曇天を恨みはしない。来れてよかったよかった〜(>_<)// 桜島も指宿ももちろんハラショ〜だけど、鹿児島で1番来たかった所だし。

四国最西端岬は「佐田岬」で、名前も似ててややこしいが(笑) 北緯30度59分10秒、東経130度39分42秒。天候によっては種子島や屋久島、開聞岳も臨む事ができるという佐多岬。

すぐ近くを北緯31度線が通っており、ニューデリーやカイロ、上海、ニューオーリンズ、カラチと同緯度でもある。ここから右に左に行けば、これらの都市に行き当たるんだと思うと、これまたロマンを掻き立てられる(//∇//)

遊歩道は舗装されてるが滑りやすくアップダウンもあるので、歩き慣れた靴でどうぞ。この景観を活かすべく、あまり人工的なモノがない方が好ましいけど、現在、展望所を新設中なので、もう少ししたらすごくキレイになってる…と思いマスvv




e0112226_14311859.jpg




駐車場にある…いや、生えてる樹齢80年を越す大ガジュマル。
まんま「パルス!!」な、ラピュタの城である。

こうして見るとちゃんと「樹」として認識できるが、岬までの道 (ちゃんとしたアスファルト道) では、伸び絡まったガジュマルの枝が巨大なトンネルを作り、その下から気根がすだれのように垂れ下がって、日本とは思えないほどアジアンな風景を作り出している所もある。

ターザンみたいにサルがぶら下がっててもフシギじゃないね〜って思ってしまうほどだったんだけど、ホントに出る、出たのだ。サルが!!!! 




e0112226_1505181.jpg




なんでこんなに荒れてるんだろ?って思ったら、何やら茶色い毛糸玉が葉牡丹をキャベツのように抱えてムシャムシャしてるではないか(@▽@)//

関西でも、嵐山や箕面に野生のニホンザルがいるし見た事もあるが、いるのがわかってるのと、突然出会うのとはまた違う。そういえば「サル注意!」な標識があったような気もするが(笑) ンとにビックリした!!!




e0112226_1535328.jpg




未曾有の大寒波が九州を襲い、桜島でも日陰に雪塊がまだ残っていたくらいである。サルたちもビックリ!エサ不足でこんな所まで降りてきたのかもしれない。葉牡丹かじってるくらいだから。

少なくともネコより賢い (と思いたい) サルだが、小ザルが轢かれて鳶につつかれてたから(>_<)// 運転中「飛び出しサル」には十分注意してください。それ以外は、岬まで快適なドライブが楽しめマスvv

*佐多岬について 案内MAPあり


〈オマケ〉 今回は佐多岬だけしか観光できなかった大隅半島だが、自然が豊かで見所もいっぱいある。何より名産の鰻を食せなかったのはヒジョ〜に無念であった。次回のリベンジのために記しておこう♪♪

*南大隅町サイト

*オスミツキ大隅半島

*大隅半島パワースポット巡り癒しの旅

*Find Travel 大隅半島おすすめスポット
[PR]
by giova21 | 2016-02-13 23:35 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21