鹿児島の旅 その7. JR最南端の駅を目指せ!

e0112226_1218359.jpg



指宿に泊まるならもてぃろん温泉旅館でしょ〜!ってお思いのそこの方。ノンノン、こないな怪しげなコテージにしましてん(^^ゞ

写真が暗くてエライ部屋に見えるが(笑) 寝るだけだし、モロモロ回るのに立地的に便利、オマケに安かったのだ → 1部屋7000円 ( ✧Д✧)//

宿帳も書かず、仙人のような老人(主人)に部屋に案内され、その場で料金を払って終わり! ちゃんと旅行サイトを通じて取ったのに、まるで伊国の田舎のアグリのような気安さであったvv

これが一般的な日本人の感覚的に「!!」だったのか、夏場は虫が大発生するからか、口コミは芳しくなかったけど、この季節だもん。虫もいなかったし部屋も思ったよりずっとキレイ。そしてっ、コタツがあるなんてステキじゃんか!!!



e0112226_12295669.jpg





ヌクヌク足をつっこみ、テレビ見ながらさつま揚げをつまみに冷えたビールを飲る。これってサイコ〜!!! 以前佐田岬で素泊まりしてから、すっかりこのスタイルがお気に入りになったみたいvv

時間に縛られないし好きなモノを好きな量だけ食べられる。移動時間にルーズで、道中買い食い大魔王な我々にはピッタリなのかもしれない(笑)

このビールは焼酎の「さつま白波」を作ってる会社が、さつま芋を原料に作ったビール(発泡酒) ホントにほんのり芋の香りがして美味しかったよ〜♪ 物産館で購入したさつま揚げにもお芋がのっかってて、これまた美味であった。こんなさつま揚げ、初めて食べた〜♪♪




e0112226_12574827.jpg




このお宿は、絶景露天風呂までクルマで5分。
そしてもぅ1つ、絶対行ってみたかった「JR最南端の駅」へも10分ほどだったのだvv

諸般の理由で早朝6時に出発したんだが(我ながら元気やわ(笑) 当たり前だが、お外真っ暗〜〜!! 街灯も少ないからビビリながら走っていくと、あ〜よかった〜標識出てる。

ここにもちゃんと「最南端駅」って書いてあるね♪♪ ワクワク(๑˃̵ᴗ˂̵)و



e0112226_13104953.jpg




ぽっちり浮かび上がる駅の灯りに、開聞岳のサンカクシルエット。

ひゃあ〜!!!! なんか青春18きっぷのポスターになりそうなくらい、いやいや、今は亡き高倉の健さんがひょっこり現れそうなほどカッコのイイ駅じゃないですかっ!!




e0112226_13184048.jpg




早速構内に入ろうとした途端目がいった黄色いポスト。
そもそもこ〜ゆ〜レトロなポストを見る事があまりないし「黄色」やし!!!
でもでも、ちゃあ〜んと使える全国でも希少なイエロ〜ポストなんだって。

その名も「幸せの黄色いポスト」
(やっぱ健さんやぁあ〜〜!!!)

そう聞くと、思わず文をしたため投函したくなるが、西大山駅のもう1つの名物でもあります。




e0112226_13414639.jpg




北緯31度11分

そっか〜ここがJRの最南端駅か。
ちょっとニヤける。ウレシイな〜(//∇//)

実は、事前の下調べの際に偶然発見して、うっそ〜〜!!! って小躍りしちゃったンだが、佐世保はもちろん、北海道もいつか行ってみたいよね。自宅の場所の関係もあり、端っこ巡りはどうしても西日本側になるから。

ってか、これだけいろいろ出歩いてるのに、北海道自体行ったことないアタシ(TOT)?? 待ってろ味噌ラーメン、ジンギスカ〜ン!! (違!!)




e0112226_12311528.jpg




クスクス…ホーム上にも大きな表示が出ていマスvv

春になると辺り一面菜の花で覆われ、まるで絵本の中の1ページのよう。

そんなのどかな景色も捨てがたいが、早朝、この空気感の中で見る駅も負けないくらいステキ♪ 昨日と反対で、だんだん空が明るくなってくる様がと〜ってもキレイだったvv ある意味、1番贅沢な時間帯だったかもしれない。




e0112226_1253154.jpg




しばらく電車来ないから…

えいやぁあ〜〜!!!

と、線路に降りれたのも早朝ならでは(^^ゞ

昼間だときっと他の鉄道ファンもいて、こんなにゆっくり写真撮れなかっただろう。まさに2人占め♪♪ 少々天気が悪く、小雨が降ってたけど、たんまりたっぷり堪能できました!!!




e0112226_12563176.jpg




旅先にカメラを持っていかないほど大活躍してくれるiPhone。しかし今回はさすがに光が足りなくてうまく撮れない。

荷物になるけどデジイチ持ってきてよかった〜♪♪
それでもちょっとブレてるが(笑) こんだけ撮れたら上出来である。




e0112226_185091.jpg





昨日から何度となくその姿を見続け、すっかり馴染みとなった開聞岳ともこれでお別れ。「薩摩富士」という名にふさわしく、キレイな円錐形を描く、実に山らしい、美しい山だった。

また再会できるかな。いや…会いにこようvv
[PR]
by giova21 | 2016-02-10 23:12 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21