久しぶりの清水さんで、職人技に涙するなり

e0112226_14445235.jpg



「琳派展」の後は、テクテク河原町まで歩き、お気に入りの〈鳥せゑ〉で一杯飲んで温まる。星の数ほど店もあり、次回行ってみたい店も押さえてるクセに、ついついココに来てしまう。

毎年この時期、楽しみにしてる「粕汁」がまだ出てなかったのは残念だったが、18時までの「ちょい呑みセット」〜お酒+串5本+お通し=漱石1枚にありつけて大満足♪

場所柄、最近いつ来ても外人さんがいるのには、もぅ慣れたけど、今回はアフリカ系アメリカ人らしき男性が1人で来て、枝豆を何度かお代わり、狂ったように食べてたのが可笑しかった。

枝豆はまんま「edamame」として、海外で大人気なのは知ってたけど、ココ焼き鳥屋さんですけど〜〜と突っ込みたくなったよ(^^ゞ それ冷凍だと思うし、次回は夏に来て、茹でたての日本産を食べて欲しいなぁ〜




e0112226_14342689.jpg




時間も早かったので、食後、これまたテクテク歩いて、軽く15年以上行ってない!と思う清水さんに行ってみることにした。

ふぅふぅ…テクテク ふぅふぅ…テクテク
忘れてたけど、清水さんって、坂道なんだよな〜(TOT)//

でもって、冬の日暮れは早く、辺りは真っ暗!
さすがに参道前は賑やかに店が開いてたが、帰る頃には半分くらい閉まってた。まだ観光客がいっぱいいるのに…だ。

観光シーズンであろうと、時間になったらちょっきり閉める。
ってか、昼間の客あしらいだけでクタクタになるのかも。
今だって結構芋洗い状態だからね。




e0112226_16422283.jpg



アメニモマケズ……
大勢の人が来ています。

そう…今ってライトアップしてるのだvv

人の流れに釣られるように、自分の手も見えないくらい真っ暗!!!なお堂をグルリと1周する「胎内めぐり」しちゃったよ(^^ゞ




e0112226_16481840.jpg




やっほ〜!京都タワーが見えるよ♪
そっか〜「夜」に来るの初めてなんだ(^^ゞ キレイだね。

舞台上もスゴイ人で、下が濡れて滑るし、舞台って向こう側に傾いてるから、ちょっとコワイ。

それにしても、軽く5カ国語が飛び交っている。
一体ココはどこやね〜ん?!




e0112226_1717877.jpg




夜でも撮れるか?!ガンバレ iPhone!

う〜ん 三脚があればな。(使用禁止デス!)

でもセルフィの自撮り棒は別に禁止されてない。
アレはアレで邪魔なんだけど……





e0112226_17203584.jpg





清水さんの何がスゴイって、やっばこの舞台の「構造」である。

離れて見ると、柱の間が空いてて、いかにも心許ないが、
あれだけ人がいて、本堂も乗っかってて、びくともしない。
それも400年近くもだ。

しかも釘など1本も使っていない。
そして…「縁の下の力持ち」でありながら、この上なく美しい。

ホントのホントに心底感心する(TOT)//




e0112226_17274436.jpg




柱の数、約140本余。
大きい物で、高さ10m、直径2mを越す。

もちろん「木材」だから寿命もある。
痛んだ部分は新しい木材を継ぎ足し補修するそうで、それが何年も何年も、いや…何百年もの間、綿々と大工さんの手でメンテされてきたのだ。もぅ〜これは1個の芸術作品と言えるだろう。

清水さんの見所は桧舞台ではなく、その下にあるのだ。
しもた!もそっと足の裏の偉業を感じて、舞台を味わうべきだったな。




e0112226_181707.jpg




紅葉する樹が少ないのか、暖かいからまだ色づいてないのか、それとももぅこれが精一杯なのかわかんないけど、お目当ての夜な紅葉は期待はずれ。

それでも久しぶりに清水さんに上がって、とぅても楽しかった♪

しかし…とんでもないオマケも…

最後、足が痛くなっちゃって、帰宅して見てみると、足の小指に靴ズレな水ぶくれができていた(TOT)//

そうか!それっくらい今日は歩いたんだ!って、嬉しくなったものの、確かめてみると、実質距離、たったの5キロちょいだった。悲しかった…。でもでも、国立博物館でも鑑賞しながら1キロくらい歩いてると思うし…ウダウダ

→ 日頃からもそっと歩きましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧
[PR]
by giova21 | 2015-12-03 23:04 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21