宍粟な秋晴れドライブ 2. 古代遺跡と温泉と

e0112226_18102476.jpg



広い市だけあって移動はクネクネ山越え。
結構大変だったけど、天気がイイので、木漏れ日山道も楽しく美しい。

山越したらようやく人家が見えました…ってな道を辿って行ってみたのは、縄文から中世にかけての遺跡を集めた〈家原遺跡公園〉 複合遺跡としては西日本最大級らしい。



e0112226_18232391.jpg




ところどころ工事中だったけど、それぞれの時代の住居が再現されて展示されている。

これは高床式住居(倉庫)だね〜♪




e0112226_1832485.jpg




パッと見、違いがわかんないけど(笑) 縄文から弥生、古墳時代と、三世代分の竪穴式住居が並ぶ様はちょっと圧巻です。

思わず登っちゃいそうになるが(ダメですよ〜!!) 60センチ以上もの厚みがある茅葺屋根に直に触れるなど、案外ユルイとこもイイ(笑)



e0112226_18432940.jpg




中に入れるモノもあるよ♪♪

窯跡があるから三世代の中では1番新しい古墳時代ですね。

寒そうだけど案外暖かいんだと思う。
住居もドンドン進化していくのです。




e0112226_1849097.jpg




こちらは中世〜平安・鎌倉時代の住居。屋根がちょい特徴的。

う〜む。こりゃあ〜子どもたちの勉強のためにもよい施設だねvv
オトナももちろん楽しめるけど、少なくとも5秒くらいこぅ思うはず。
ああ〜もちっと歴史の勉強しときゃよかった…と(笑)

景色もよく公園や体験工房もあり、広々とっても居心地がよいのに、全く!人気がなかったのは「?」だったけど、こっちはたくさん人が集まってました。まだ日が高いけど、入っちゃう?(๑˃̵ᴗ˂̵)و

そう…遺跡公園もだけど、こっちもまた「お目当て」だったのデスvv




e0112226_18581769.jpg




この景色からは想像もつかないが、むかし昔、そのまた昔、2億年以上昔、この辺りは「海」で、その時閉じ込められた食塩泉が沸き上がった温泉があるのだ。

露天風呂から見える山も、ピィロロ〜と飛んでいく鳶も、驚くほど近くに見えるTHE・山ン中!なのに、お湯は塩っぱいのだ。なんかフシギ〜!まさにまほろぼの湯、太古の湯だね〜♪

しかも温泉成分の浸透率がヒト細胞とほぼ等しいらしく、効能がストレートに人体に入る全国的にも珍しい湯なんだって。いやいやよか湯でしたよ〜♪♪施設もすごくキレイです!

早い時間に入ったので時間を気にせずゆっくり浸かってたら、しもた!秋って日が暮れるのも早いの忘れてた。風呂から上がったらば、まだ6時前なのに、お外まぁ〜あくっら!!!!(笑)



e0112226_1921590.jpg




こ〜なったら何時に出ても暗い。どんどこ暗い。
じゃあ〜ご飯食べていこ♪♪(笑)

なぜなら、併設レストランにとっても魅力的なメニューがあったからだ。

「鹿肉と手作りこんにゃくの味噌煮込み」と「地元の里芋」のコロッケがついた「奥播磨ふるさと定食」

ね、ね、ちょっとそそるでしょ?

この鹿肉は臭みは全くなく、と〜〜っても柔らかくて美味しかったvv もちコロッケもねっとりグ〜♪

こんにゃくがちょっと変わってたけど、そ〜いえば、スーパーをのぞいた時、こんにゃくの種類が多くてビックリした!

だって、マッチ棒状とかサイコロ状にカットされたモノがあって、その一袋が驚異的にビッグサイズ!!きっと、切らずにすぐ料理に使えるようになってるんだと思うんだが、これ家庭用ですよね?って(笑) ま、それだけこんにゃくが大活躍するんだろうねvv

とにかく…美味しい鹿肉を〆に食べれて大満足♪♪暗い夜道もなんのそので高速に出て、宍粟ドライブを終える。兵庫県って南北に大きい県だからまだまだ見所がありそう。またどっか「名所」を発見してみよっと♪
[PR]
by giova21 | 2015-10-27 23:08 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21