岡山ちょっとトリップ その1. 奈義町現代美術館

e0112226_14372998.jpg



友だちに教えてもらってから、機会があれば是非行ってみたい!って思っていた〈奈義町現代美術館 〉に行ってきたvv

ね?ね?ちょっとビックリするでしょ?この円筒なに?って(笑)

さぁ〜では中に入ってみませぅ( ✧Д✧)//



e0112226_1651366.jpg



喫茶室を挟んで池があり、ゆらゆらワイヤーを見ながら奥へと進むと、展示室が3つある。

正面の部屋でドローイングを見たら、右手の部屋に入ろう。
そこに隠された「秘密の階段」をカンカンカンと上がっていったならば…

えっらい空間が広がっていましてんvv




e0112226_16183148.jpg




ワハハ!!!!こら、外から見た「アノ」円筒の中だね!!
大きいなぁ〜!

ん、でも逆光でわかりにくいね。

反対から見ると…



e0112226_16214387.jpg




こんな風になっておるのデスvv

壁面には〈龍安寺〉のソレを模した石庭が広がり、なぜかしら鉄棒にベンチ、シーソーが置かれている。それも天地対称に。

湾曲してるけど「下」のベンチは座れるし、シーソーは動く。

エエ歳してやめなさい!って言ったのに、鉄棒で遊んでた友人は「逆上がり」ができなくて歯ぎしりしてたけど(笑)





e0112226_1644215.jpg




室内は完璧な円筒になっており、壁面に寄ろうとすると、アッ、アララ!と引き戻される。反対側から勢いをつけて駆け上っても1/3も上がれない。

ンンくそっ!あの岩にタッチしたいのにな( ✧Д✧)//
と、子どもはもちろん、オトナもちょっとはしゃぎたくなる(笑)

作者は荒川修作とそのパートナー、マドリン・ギンズ。高名な美術家だが、名を聞いてもピンとこなかった。がしかし〈養老天命反転地〉も手がけたと知り、ああ〜!と合点がいく。

天命反転地も前々から行ってみたい所だったのにすっかり忘れてたが(^^ゞ あの世界観に通じるよね、ココ。これは養老にも絶対行かなきゃ!




e0112226_16584099.jpg




これが問題の鉄棒(笑)

現代アートって、どんなに繊細でも、奇抜で大胆でも、作者のいろんな思い〜コンセプトやメッセージが込められていると思うのだが、わかりやすい右脳派であるアテクシは、それを読み取るのが苦手。ってかめんどくさい(笑) だから、もぅ〜見たまんま。感覚的に楽しむことにした。





e0112226_16564811.jpg




すっごく細かく作り込まれてるけど、なぜに紋章が内閣府のソレになってるの?とか、鉄棒はノーサンキューだけど、シーソーで遊んだり…(^^ゞ

それでもこんな摩訶不思議な空間で、何十年ぶり?ってくらい久しぶりにギッタンバッタンしていると、ちょっと瞑想トリップしそうになる ԅ( ˘ω˘ԅ)




e0112226_17193726.jpg





見る人の数だけ、いろんな楽しみ方、感じ方ができる場所ですね♪♪

去り際、入れ違いにカップルが入ってきたが、ココをデートコースに選ぶなんて、キミたち、かなりセンスがイイよ!!



e0112226_17504578.jpg




中に入ってから改めて外観を見ると、あそこに入ってたんだ〜♪と、またまた脳内フシギトリップ。これね、2度楽しめるよ!!

アタシも教えてもらうまで知らなかったし、こんな小さな町に(失礼!) こんなモダンな美術館があるってビックリ!交通の便はよろしくないけど、足を運んで見る価値、あると思いマス(๑•̀ㅂ•́)و✧
[PR]
by giova21 | 2015-09-01 23:44 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21