愛媛@南予の旅 その4. 食よし 顔よし 人よし 内子よさらば

e0112226_15504976.jpg



今日は水曜日だからお店がね〜と、ジモティにも頭抱えられた「魔の水曜日」だったが(笑) どうにか開いてた〈吉長〉でランチ。

せっかくなので、名物料理 鯛めし伊予さつま汁ってのをいただこう。

内子って山の中…ってイメージがあるが、海鮮物も豊富に入るんだね。食べなかったけどご飯の代わりに「おから」を使い、開いた魚を巻いたまるずしってのもあったし、このぶっかけ飯も、元は漁師のまかないらしい素朴なお味で美味しかったデスvv




e0112226_16244334.jpg



魔の水曜日はココまで及んでおり、本来木曜定休なはずの〈まちの駅〉まで臨時休業!! OMG〜!!! ちなみに「NANZE〜なんぜ」とは、南予弁で「…って言うことですよ」って意味だそうだ。

ってか、ココで名物かき氷食べるの楽しみにしてたのに…クスン…

と思ったら、やってるお店発見〜!!



e0112226_16433732.jpg




なんでこんなにかき氷に執念燃やしたかというと(笑)、実は内子ってフルーツ王国で、味や色だけのシロップではなく、自慢の果物をジャム状にしたものをかけたかき氷を売り出し、大評判になったと知ったからだvv

そ、そら文句なしにウマかろう!! ジュルジュル〜〜

キタ〜!! ブドウ氷♪♪



e0112226_16532516.jpg



キタ〜!! イチゴのスムージー♪♪

着色料も香料も添加物なんもなし。
この色どうよ?!キレイだね〜♪自然の色ってホントきれい♪
そして、まんまな優しい甘みに顔がほころぶ。

両方とっても美味しかったけどスムージーは格別デリデリデリシャスで、確か300円だったと思うんだが、コレ、倍にしても梅田で売れるね。なぁ〜んて情緒のないこと言いあってしまった浪速のオバハンたちであった(笑)




e0112226_13422285.jpg




郊外にはチーズ工房ワイナリーもあって、内子ってスゲ〜!!と感心してしまった(^^ゞ

これらは〈道の駅 からり〉でも販売されているが、この施設、大変充実しており、併設のレストランもかなり評判がよいようだ。我々は郷土飯をチョイスしたが、洋食がお好みならココでランチすると良いと思いマスvv




e0112226_1432672.jpg




町を去る前にもう少し…
歴史地区だけでなく、隠れた通りも味わい深い内子の町。

当時は内子座と興行を競ったほど盛況だった活動写真館〈旭館〉
大正15年築の建物が何気なく遺っているのがスゴイ。




e0112226_14232470.jpg




資料や施設も充実、観光客には親切で整った町だけど、
フト視線を外すと、そこここに内子の素顔が垣間見え、なんとも心和む。




e0112226_14261531.jpg




平日だったので、時折、地元の学生〜中学生や小学生たちとすれ違ったのだが、みな「こんにちは!」と挨拶をしてくれたのにはホント感心したvv

都会ではまずこんなことない。こっちがしたら言うだろうが、向こうからナチュラルに言ってくれることはないだろう。多分。

当たり前の事が当たり前にできてるって、こんなに気持良いことだったんだね〜。お陰で内子@好感度が8割増しでアップしましたvv




e0112226_15103629.jpg




ホントはこんなにのんびりするつもりじゃなかったのに、思いのほか居心地がよくすっかり長居してしまった。

お陰で屋根付きの橋に行けなかったのは残念だったが、ま、よし!としよう♪♪ 松山からだと最短25分で内子に行ける。松山も見所が多いけど、足を伸ばしてみる価値、十二分にありますよvv

*内子観光サイト
*TripAdvisor 内子町観光ベスト10
*ほっと西伊予
[PR]
by giova21 | 2015-08-21 23:03 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21