こんなことがありました その4 アッチっチ〜な三国の海

e0112226_13271848.jpg



今年は例年よりちょっと早く夏の〈みくに〉に行ってきた。

台湾でもイタリアでも海行けなかったから、天気が良いとわかるや、一目散に入りに行くアタシたちってば、ホント小学生みたい(笑)

泳ぐでもなく、潜るでもなく、プカプカと波間に漂ってるだけでイイんです。ホント気持いいからvv



e0112226_1334386.jpg




イタリアでいっちばん!キレイだと思ったカラブリアの海と比べるのは酷だが、それでも日本海もとってもキレイ♪♪ 見よっ!この透明度vv




e0112226_13394187.jpg



素潜り専門のお連れサマは、獲ってきた獲物を持ってくるネコみたく、いろいろゲットして渡していくが、そんなに持たれへんし!!!ってか、ホントは獲ってはいけません。ナイショだけど(笑)



e0112226_13495310.jpg



ちょっと予定があり早く切り上げたので、この日海に入っていたのは実質1時間ほど。人並みに日焼け予防はしてたはずなのに… 

→日焼け止めはもちろん、Tシャツ着てたし、タオルも首に巻いてた。

なのになのに!!!シャワー浴びる時に発見!絶句してしまったこの2色モナカな(太い) 腕!!!!

OMG!!!! これってまるでチンタ・セネーゼではないかっ!!!
注:トスカーナ産古代品種豚(笑)

という冗談も言えないほど、両腕がポッポと「発熱」しており、あちゃあ〜!!これは日焼けじゃなくて「ヤケド」ですね (TOT)//

Tシャツ着てたのがアダとなり、袖の所がまっすぐキレイな線になってしまい、え〜ん、これじゃあ〜ノースリーブ着れないじゃん?!

まぁ〜でも二の腕って毎年結構焼けるから強いはず(?!) 最低限のケアしてこの日は寝たんだが、もちろん翌日、治ってるワケもなく、ご丁寧にも温泉行ったら……



e0112226_14131938.jpg



「や〜!!!エライ焼けて!!」
「奥さん、どこ行きはったん?」
「痛そうやね〜」

イタリアでもとうに「シニョリーナ」と言われなくなり「マダ〜ム」と呼ばれる事に抵抗がなくなってきたけど、日本語の「奥さん」は堪えるなぁ〜(TOT)// 仕方ないけど。

じゃなくて、洗い場に座ってる、浴室のフチに座ってると、真っ赤に焼けた我々の姿見て、ありとあらゆる人が同情 (と、いくばかの好奇心) で声をかけていく。大のオトナがどないしたん?!って感じだったのだろう。

特に素潜り名人は、まんま水着のカタチで赤白逆転してるもんだから
「水着着んでも、そのままでイイね」
なんて言われる始末(笑) 確かにぃいい〜〜

せっかく行った温泉だが、とてもじゃないが痛くて浸かるどころではなく、声かけられに行ったようなもん。ああ〜でもそれは全然イヤじゃなく、田舎の人は「近く」てイイな〜って思った。コソコソ見られてコソコソ言われるよりよっぽどイイじゃん!

てか、この状態で温泉は行くべきじゃなかったな(^^ゞ ゴメン、お肌!!




e0112226_15564062.jpg




今度は長袖着て入ろう!って思ったけど、それじゃあ〜手首から先が焼けて「黒手袋」になるな〜とか、後日、予想通り(笑) ピリリ♪と薄皮が剥けてしまったが、ピーリングと思えばお肌もキレイになったはず!とか、一向に懲りないアタシ。

三国の海が待ってる限り
「婆ちゃん どこで焼けたん?」
って言われてもいいから、ザブンとしに行きたいわ♪♪




e0112226_1623872.jpg




そうそう!コレは載せておかなきゃ!
着いた晩に3つ4つと咲いていた「月下美人」
咲いてるの初めてみたよ〜♪ 大きくてとてもキレイな花だね。

翌朝、もちろんすっかりシュン太郎になってたけど、花弁の部分を三杯酢やめんつゆであえて食べる事もできるンだってvv
[PR]
by giova21 | 2015-07-24 23:27 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21