2015 台東クルマの旅20. 眠らぬ街墾丁は熱気でムンムン!

e0112226_18475510.jpg



とにもかくにも、先ずは飯だメシっ!

アタシってば、最近の台湾@トレンディ情報に疎いから知らなかったけど、事前に料理をオーダー、全ての皿がオール100元!という、システマティックというか、均一居酒屋的な店が人気なようだ。

ファストフード的で正直、ヤダな〜って思ったけど、しまった事に全く店を調べてなかったのと、夕食時でどの店もいっぱい!とにかく早く座って冷えたビール飲みたかったので、その店でさえ並んで入ってみたのだが、、、、

あっ!!!美味しいや〜〜んやん!!!(≧▽≦)//

ベラボ〜にウマイとは言い難いが、フツ〜に美味しいvv
パックを解凍チン!じゃなく、一皿一皿ちゃんと作られてるし。

場所柄、海鮮モノな店も多いのだが、どうしても値が張る。どうりで若者や家族連れが列を成すワケだ。明朗会計だし困った時には便利な店かもしれない。メニューも軽く50くらいあったよ♪

店名忘れちゃったけど「なにがし100」っていう「100」が目印(笑)

ジョッキ2杯のビールとお腹が満たされ、すっかりご機嫌になった後は、夜市そぞろ歩き♪




e0112226_19322627.jpg




なるほど、これが最新式の屋台なんだな (違!!)

というオサレな屋台も、いつもながらの屋台も…と、店の構えも売り物も玉石混交なのは夜市の常で、見てるだけでも楽しめる。

昨年、久しぶりに観光色が濃い〈六合夜市〉に行き、楽しみはしたが人 (マナーの悪い大陸人) の多さに辟易。絶品海鮮粥はともかく、もぅエエわ〜って思ったけど、墾丁夜市は、二車線分の道路を挟んで立っているので広々歩きやすい。その分、走行中のクルマには要注意!だけど…(^^ゞ




e0112226_19492382.jpg




もちろん買い食いも忘れずに!

ツルツル愛玉に、香ばしいニホイがたまらないのは、ちびっこトウモロコシ(玉米筍) ひゃあ〜なんてミニチュア!(笑) これってベビーコーン?

ポリンポリン歯ごたえが良くってウマシっ!!帰国後、日本のスーパーでも同じ物を見かけたから今度家で焼いてみようかなvv




e0112226_20195753.jpg





このご時世にスマートボールや射的って、ある意味スゴイと思うんだが、オトナも子どもも群がり遊んでるのが微笑ましい。

こういった昔ながらの屋台な遊びって、そのうち「無形文化財」になっちゃうんじゃないか?って心配しちゃうけど、夜市の中でならずっと生きていそうだ(^^ゞ




e0112226_19291290.jpg




道の両側に約1キロほど続く夜市通りには、ありとあらゆる宿もズラリと並ぶ。実際鬼のように数があって選ぶのに苦労したが「ラブホ仕様」な宿も少なくないので、チョイスには注意が必要だ。
*HPの部屋写真をよく見ること(笑)

昼間のビーチに夜市にギンギラネオンに大音量の音楽にアルコール。

墾丁って若者の街、「ひと夏の青春を散らす」街…って感じがする。家族連れもフリの旅行者も十分楽しめる場所だと思うし、夜の一瞬しかいなかったアタシに言われたかないだろうが…( ̄o ̄)

もちろん!プライベートビーチを有するラグジュアリーなホテルもちゃんとある。それなりの値段はするが、それでも北投あたりの同格ホテルと比べると、割安に感じるのではないだろうか。

ちなみに高級リゾートホテルである〈墾丁夏都沙灘酒店〉は、名作〈海角七号 君想う国境の南〉のラストなコンサートのロケ地となった。すぐお隣の恒春は映画の舞台になっただけあって、登場回数も抜きんでている。

恒春って古城や老街もあり、とっても感じがよさそう!海には入りたいけど、アタシってばこ〜ゆ〜街の方が好きなんだと思う。もぅ若くないし… (笑)


〈旅なインフォメーション〉

*恒春半島情報 (日本語版PDF有)
*墾丁旅遊網 (英語あり)
*悠遊墾丁 (繁体字)
*旅々台北@墾丁特集
*台北ナビ@墾丁記事 
*墾丁国家公園 (日本語あり)
[PR]
by giova21 | 2015-06-25 23:55 | 2015年 台東クルマの旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21