2015 台東クルマの旅18. 台湾最南端で愛を叫ぶなり!

e0112226_1544516.jpg




本旅行最後の宿泊地となる墾丁は、台湾屈指のリゾート地であると共に、台湾で一番最初にできた国立公園〈墾丁国家公園〉を有する自然豊かな所でもある。

意地でも海に入ってやる!と、一度は白浜大衆ビーチに入ろうとしたんだが、人が多く雑多な雰囲気が△だったため〈鵝鑾鼻 (がらんぴ) 公園〉にやってきた。

なぜなら墾丁は台湾最南端の屏東県にあり、この公園はさらに南の恒春半島に位置するため、限りなく「台湾最南端」にあたるワケである。ならば、先っちょマニアとしては、海に入るのを諦めてでも外せなかったのだvv

大陸からの団体観光客がひっきりなしにポーズとるから「人なし」の写真撮るのに一苦労 (↑) ど〜してあっちの人は「か〜〜っ!ぺっ!」って痰を吐くんだろ (TOT)// 大陸で出会った人たちは、みんなとっても良い人たちだったけど、国外で会う人たちは、ハッキリいって印象ダメダメです。

と、一応グチったところで…( ̄o ̄)




e0112226_1613661.jpg




小高い丘まで上がっていくと「台湾八景」と言われる眺めが広がる。

ゴルフ場の打ち下ろしみたいだけど(笑) あれに見えるは太平洋!
否応なしに先っちょ感が高まるわ〜(//∇//)





e0112226_16332115.jpg




背後に目をやれば、鵝鑾鼻灯台が白亜の御殿のごとく建っている。

建設当時、世界唯一の武装灯台として名を馳せたが、再建を重ね、現在は「普通の灯台」として、有効照射距離約50キロ、その名も「東亜の光」(スゴ!!!!) と呼ばれ、公園内の観光名所の1つとなっている。

もちろん国内最南端に位置する灯台で、まぁ〜ここにあるものはすべからく「台湾最南端」って枕詞がつくだろう (笑)




e0112226_1781526.jpg




今日は早起きだったから、途中時計を見ても、おっ、まだ10時だよ?! 1日たくさん使えてお得っ!(眠いけど(笑) って喜んでたのに、あれっ?向こうの空が赤くなってきた。

三仙台は真東だったが、恒春半島は西〜夕日の名所なのだ。しまったしまった!落日までにもっと「南」に行ってみなきゃ!




e0112226_1729348.jpg




公園を一旦出て、クルマで降りれる所まで降りていく。
国立公園内なので遊歩道はたくさん完備されてるが、クルマの限界は案外早い。後は歩き!である。

コレって往復1キロか〜(>_<)// 寝不足と空腹のためガス欠になってきた身にはツライ数字だが、がんばんで〜!!




e0112226_182131.jpg




うっそうと緑が茂る森の小径を抜けたその先に……

やった〜!!!(≧▽≦)//

東経120度50分0秒 北緯21度53分59秒

ココが地理的な台湾の、南の南の、誰が何と言おうと文句なしの 台湾最南端 だ〜っ!!!

*台湾最南端碑




e0112226_18114423.jpg




南北が逆になっちゃってるけど。

こんな所に今立ってるんだね〜〜〜(TOT)//





e0112226_18135873.jpg




海までほら、すぐ手が届きそう。

そうかそうか〜ここが南の端っこなんだな〜
ジ〜〜〜ン……

ちょっとホントにロマンティックな気分になっちゃう。。。

来てよかった〜よかった〜よかった〜〜(>_<)//

お疲れのため、一瞬でも「も〜行かんでもエエや〜ん!」と思った自分を蹴飛ばしてやりたい(笑) 朝の三仙台といい「がんばってでも行くべき場所(や時) 」には、必ず素晴らしい光景が待ってるんだ!と再認識した。

墾丁の街やビーチから近いとは言えないけど、墾丁に行ったら、ぜひ是非ここまで足を伸ばしてみて〜!とオススメしたいデスvv 特に台湾フリークな人にとっては感動的な場所になるはず…だから。





e0112226_1628552.jpg





最南端で夕日を愛でる手もあったが、お日さまが沈む水平線はココからは見えないので、夕日を追いかけるようにして街へと戻る。

さぁさ、最後の夜は「夜市」で〆ますよ〜〜
[PR]
by giova21 | 2015-06-22 23:30 | 2015年 台東クルマの旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21