2015 台東クルマの旅14. 海沿いのお宿はステキにビューティフル!

e0112226_14201067.jpg




先に書いたように、海岸線な11号線は景色はよいが、人の営みを感じさせるものは多くない。宿泊場所も同様で、ペンション風、海の家風なお宿がポチポチと点在してるだけ。

という選択肢が少ない中、ここエエやん?!という宿を発見!

道路沿い、ヤシの木に囲まれた敷地内にヒュイッ!って入っていくなんて、なんかカリフォルニア〜♪なモーテルみたい (違!!!) じゃなく、まさにクルマだから行ける所だったので、とっても楽しみだった♪♪ そして、期待通りの、いや、それ以上にシュテキなお宿だったのでありますvv

↑↑↑↑↑ 看板犬は全部で3匹!
戸を開けると飛んできて、甘えっ子する人懐っこくてカワイイ奴らだったvv




e0112226_1512221.jpg




写真撮りまくろ〜!って思ってたのに、全然ないのは(ちょっとショック!) きっと、とっても居心地がよくてマッタリしすぎたんだと思う(笑)

全ての部屋は2階が寝室になったメゾネットになっており、テレビも冷蔵庫も大型!とにかく広々クリーンで快適!のひと言ですvv

えっ?!あんな所にお風呂があるの?って思うでしょ?
ええ、ハイ。あるんです(笑)
トイレは右手にあり、カーテンと脚立で区切られるようなっている。

ええ〜?! それはちょっとね〜って思うより、こうゆう間取りが新鮮で楽しすぎるvv ってかナイス!




e0112226_15234535.jpg




だって、ほら、こんなステキなバスルームなんだよ?!
何?ココ、デザイナーズホテル?!って(笑)

TOTO製のバスタブ (ココんとこ売り!らしい) は、ワ〜オ!頭のせる所までついてるし、時折ワンコがこんちワン!と「のぞき」にやってくるそうなvv

まぁ〜しかし、夜は真っ暗!!!で、朝はゆっくり入る時間がなかったから、あんまし活用できなかったけど ( ̄o ̄) それでもかなり乙女心をくすぐるオサレなバスルームであった。





e0112226_15183876.jpg




窓も高くて大きいのがイイね〜♪♪

夜は波音、朝はヤシの木と青い空。
台湾にいることを忘れそう。。。いや…台東ってハラショ〜!!!

海はまだ下になり、1階からは見えないけど…




e0112226_1614458.jpg




2階の寝室からはキラキラ輝く海がよっく見えるvv


ベランダもおそろしく広く、テーブルセットもあったので、ここで朝食をいただいたんだが、そらま〜気持よかったことよ (//∇//)




e0112226_1640226.jpg




寝室も広々!いつもなら、どこに何があるか?ってチェックするけど、この部屋でアタシがしたことといえば、ベットで寝た!だけ!だったわ(笑) もち、必要なモノは全て揃ってます (虫除けベープ付きvv)

HPは仰天するような作りで、もう少しどうにかしたらイイのに!って思うけど、放っておいてもクチコミでどんどん人が来るだろう。

ここも含め、海沿いにある宿のほとんどは、大手ホテル検索サイトに属さず各々で予約を受けており、事前に指定口座への振込が必要なデポジット制を取っている。

本来ならその時点でアウト!! 涙を飲む所、友人の友人の友人の台湾人にお願いして振込をしてもらい、無事泊まる事ができてほんとラッキ〜だった。お陰で貴重な体験ができましたっ(TOT)//

これに味をしめて毎回、世話をかけぬよう、今後、デポジットな宿に泊まる時の対策を練らないとダメだが、レンタカー時みたく熱烈ラブレターを送るンじゃあ〜ダメかな?やっぱ(^^ゞ



丁一的家海景民宿 台東県成功鎮鹽濱路31-8號 1泊/3000TWD





e0112226_17584264.jpg




こんなにステキなお宿だったのに、滞在時間はすごく短かった。
なぜなら…

海沿いに面しているということは、こちらが「ド・東」イコール、あの水平線から朝陽が昇る絶好のシチュエーションだということだ。

宿のベランダから拝んでもよかったのだが、東海岸一の景観地である〈三仙台〉までクルマで数十分なので、観光も兼ね、早起きして三仙台へ行ってみることにしたからであります。

つづく…
[PR]
by giova21 | 2015-06-08 23:08 | 2015年 台東クルマの旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21