お疲れの後の三国旅 3. 温泉三昧@山代

e0112226_135349.jpg




「洗い物」は済ませたし、入るだけならココ!山代の古総湯

片山津から30分もかからないし、洗い場も何もない浸かるだけの湯なので、二湯目にはピッタリなのだ。洗い物したい人は向かいの「総湯」に入ってからこっちに来るとよいデスよ。





e0112226_1312592.jpg



誰もいなかったから思わずナイショで写真撮っちゃったけど(^^ゞ 古総湯の魅力は、何と言っても明治時代の作りを復元したこの素晴らしくゴージャスな内装だvv

当時流行ったというステンドグラスに、木目を鮮やかに浮き立たせる「拭き漆」の壁、そして1枚づつ手焼きされた九谷焼きのタイル…と、まるで浴室全体が工芸品!他に類を見ない浴場になっている ( ✧Д✧)//




e0112226_13285597.jpg




もちろん源泉掛け流し!片山津に比べると良い意味で「上品」な湯だが、この世界観に浸ってると、何倍もよか湯に思えてくる。

あと、空気取りのすき間からモロ外 (道路) が見えるのもご愛敬。なんなら人影も映る…というある意味デンジャラスな湯でもあるのがオモシロイ(笑)

ここもかなり熱いのでそうそう長湯はできないけど、ぜひ是非に〜!とオススメしたい湯であるvv 2階にはお茶セットも用意されたキレイな休憩場があるので、ひと息つくにもピッタリです♪




e0112226_1357664.jpg



スゴイね〜灯籠がこもかぶりしてるよ(笑) 

何でも雪や凍結で石が割れないようにするためなんだとか。この灯籠にはユーモラスな九谷の絵柄が描かれており、1つつづ見て回るのもオモシロイ。これが外され、北陸に春が来るまであともぅ少しデスvv

山代もこぢんまりとした温泉街だが、散策するには楽しい店が多くあり、焼き物好きな人は九谷関係見て回るだけで半日要するはず。観光誘致のためのツールも充実してて、片山津ももう少しがんばらないと〜って感じ (>_<)//

統括すると(!!) 加賀四湯の中で女性受けするのが、山中・山代(お湯以外に楽しめる場所がある)。しっとり湯を楽しむなら片山津・粟津…ってとこかな(^^ゞ もちろんどこもイイ湯だよ〜♪♪




e0112226_14225054.jpg




お土産は、金沢百万石ビールに、ノーベル賞のフィナーレを飾るパーティ「ノーベルナイトキャップ」 に選ばれた「加賀ノ月 満月」を手がけた加越酒造の“こっそり”デス♪♪

ちなみにこの年 (2013) に選ばれた日本酒は4種類 (石川2・福島2) だったそうだ。




e0112226_14413710.jpg



そしてお酒のお供は……

ふきのとうの天ぷら〜〜〜!!! (≧▽≦)!!! ギャ〜!!! ステキすぐる!!!

こらもぅ〜「こっそり」ちょ〜て「堂々」と飲まなあきまへんな!

連日美味しすぎてシアワセすぎてコワイのであった。。。。(TOT)//
[PR]
by giova21 | 2015-03-10 23:52 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21