カアさまの誕生日は播磨な日帰りで

e0112226_12243986.jpg



11月3日はカアさまの誕生日。

前からしゃぶしゃぶ食べたい!って言ってたから〈福寿館〉行く?って聞いたら(いちお奈良県民なので) 〈生石 (おうしこ) 神社〉に行きたいという。

日本全国いろ〜んな寺社仏閣に行きまくってるカアさまもまだ行ったことがないというのは珍しいが、なんでも宮城の鹽竈神社、宮崎の天逆鉾と共に「日本三奇」と呼ばれているそうな。




e0112226_12384921.jpg




で、何が「奇」なのか…というと、幅6.4m、高さ5.7m、奥行7.2m、重さ500トンを超える巨岩が「石の宝殿」として祀られていることだ。

大きすぎて全部撮れません!ってくらいデカイし、単なる巨岩じゃなく人為的に彫られた溝や突起もあり、何かしら意味が込められているのがわかる。

で、ご覧のように水面に浮いているかのように見えることから「浮石」とも言われている。




e0112226_1252537.jpg




そのヒミツはこちら。

下部がご覧のように削りこまれているため「浮いた」ように見える…というワケだvv うぅむ!芸が細かい!

神社のある高砂市は古代から石材の産地として有名で、おそらく下の水盤と一緒に一枚岩から掘り出されたモノと思われる。




e0112226_1631637.jpg




なぜ…ってほら、神社の裏手に上がる階段も岩を削って作られているから、もぅ〜ここ一帯がでっかい岩山で、そこをコツコツコツコツ掘っていったんだろう。

まるでエチオピアの岩窟教会みたい!って思っちゃったvv

ちなみに掘って出た岩の欠片は、散らからないように…というより、欠片も大事なモノだから…とばかりに、播磨富士とも呼ばれる霊峰高御位山の山頂に運ばれたそうな。





e0112226_1612612.jpg




上から見るとこんな感じ! うへ〜!! 木が生えてるよ(笑)

どこでもイイ…ってワケじゃないから、選ばれた石であり場所である。ということで、播磨のパワースポットでもあるらしい。アタシはそっち方面がてんでダメで何も感じられなかったが(^^ゞ いやいや…珍しいもん見せてもらいましたvv




e0112226_1626067.jpg




自宅から兵庫方面に向かう道は慢性的な渋滞発生地なので朝早く出発したのだが、思いのほか空いており、アッちゅう間に着いたので(それでこそお金払う価値のある高速道路!ちゅうもんや!)、姫路まで行ってみることにした。

修復が終わってから初めてきたけど、ひえ〜!真っ白や!!

もちろん、またの名を「白鷺城」という姫路城ですから、白き事は良き事かな…ではありますが、なんかファンデーションが白浮きしてるイタイ女性みたい(笑) スイマセン…

まぁでも、秋空青空の下に映えてキレイですvv 観光客も多くて、車停めるのに一苦労しましたわい(^^ゞ 姫路でコレなら……やっぱ秋の京都は限りなくご遠慮申し上げたい…(合掌)




e0112226_16452488.jpg





アテクシ的にはお昼は明石で玉子焼き!って思ってたんだが、誰も逆らえないカアさまの「好古園で穴子食べたい!」のひと言で穴子に…(笑)

以前食べたのと味が落ちたわ〜なんて、いっつもひとこと言わずにはいられないカアさまのぼやきも、ハイハイ…って無言で聞き流す術を覚えたムスメは無言で穴子をパクつきます(^^ゞ




e0112226_1731751.jpg




連休だったので眺めの良い窓際は予約客に占領されちゃってたけど、窓が大きく取られ、奥の席からも庭園がキレイに見える。

お味は可もなく不可もなし…だが、ちょっと改まって誰かを姫路城に連れてくる時には便利な店かも…って思った。




e0112226_1741589.jpg



姫路城に来たのって一体何年ぶり?ってくらい久しぶりだったけど、好古園に来たのは初めてvv こんな庭園があるなんて知らなかったわ(^^ゞ

ってか…ココはいいよ〜〜!!!

趣向を凝らしたキレイなお庭がいっ〜ぱいあって楽しいし、なんといっても時折見え隠れする姫路城が借景となって実に贅沢♪♪ みんなお城に行っちゃうのか、それほど人が多くないのも三重丸♪♪ 穴場だわ、ココ。




e0112226_1819146.jpg




ちょうど全国陶器市をやっていたので、母サマのプレゼントはこちらで♪

友だちとだったら、姫路であろうと岡山であろうとこれから温泉に行ってまだまだ遊ぶ時間だったけど、ご老人たちはそろそろお疲れモードなので帰路につきます。

行きは1時間半ほど。ビックリするほどスイスイ走れたから帰りも楽勝気分で運転してたのに…世の中そう甘くなかった。

事故渋滞の時に必ず!といっていいほど耳にする忌まわしい名前「月見山トンネル付近」で事故があったらしく、ほんの数十キロに1時間近くかかってしまい泣いた(TOT)//

ここってなんでこんなに事故が多いんだろ??トロトロ運転の合間に道路に目をやったら、そこら中に事故発生を知らせる発煙筒の燃えかすが転がっててゾッとしたわ。なんにせよ、安全運転で!ですねvv

オカンもオトンも、そしてアタシも、お疲れさまでした〜♪♪
[PR]
Commented by なつ at 2014-11-26 12:24 x
>ファンデーションが白浮きしてるイタイ女性
確かにすごく浮いて見える(笑)姫路城2年前行った時は工事中で外観は観れませんでした。でも織田裕二(のそっくりさん?)らしき人を見かけました。係の人も騒いでいたからたぶん、本人かそっくりさんだと思われます・・??
好古園知らなかった~。行っておけばよかったです。私も姫路城に行っちゃった。
Commented by giova21 at 2014-11-26 20:08
修理長くかかりましたもんね〜。ホントに仰天するほど白くてちょっと怖かったけど、しばらくして落ち着いてきたら(どう落ち着くんだろ?) イイ感じになる!って言ってました(イイ感じ!って(笑) ってか織田裕二(仮)はサプライズでしたねvv

みんなストレートにお城行っちゃうんですが好古園はお庭が素晴らしくてオススメですvv 日本人より「YOUは何しに〜」(TVね!これすごく好き!) みたいに、外国人が多かったのも印象的でした vv
by giova21 | 2014-11-03 23:22 | にっぽんの休日 | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21