2014年 高雄の旅 10. 台湾最南端を走る列車に乗るのだ!

e0112226_1713581.jpg




枋寮駅構内で、唯一、待ち人たちのオアシスとなっている売店。小さいながらもコレがなかなかの優れもので、鉄道ファン大喜びの台鉄グッズがい〜〜っぱい置いてあるvv アテクシ嬉々として買いまくってしまった(^^ゞ

台湾の雑貨って、ちょっと垢抜けないレトロな感じが魅力的なんだが、そっからも少し洗練されたブツが揃っている。そこそこの駅には必ず台鉄グッズコーナーがあるので、お土産探しには最適だと思いマスvv お薦め♪




e0112226_17134680.jpg




どれ…この待ち時間の間に、口うるさい師匠にハガキでも出すか!(笑)

日本で「幸福駅」の切符がキーホルダーになっているように、台湾でも縁起のよい駅名をかけた切符が人気らしい。

例えばこんな感じ。

「十分」駅 から「成功」駅 で「十分成功」
「幸福」駅 から「平安」駅 で「幸福平安」

なるほど!うまいことしてあるね〜♪ まぁ〜ここは枋寮だから「枋寮幸福」にしとこうvv 切手がたったの10元で、50円もしないのに日本に届くの?って心配しちゃったが、ちゃんと届いてた♪♪

がしかし、住所は書けど宛名を書き忘れていて、後日、師匠に盛大なため息をつかすことに…(>_<)// いや…暑さでも〜ろ〜としてましてん。とにかく、日本の郵便屋さん、ありがとう!! ですな(^^ゞ




e0112226_17241472.jpg




そしてっ!!列車の旅の名脇役「駅弁」を忘れちゃあ〜いけません!

そもそも台湾では弁当の事を「飯包」と言ったのだが、日本統治時代より「弁当」になり、漢字もそれにあわせて「便當」となり今に至る。

台湾って、日本のよき風習を上手に受け継いでいる部分が多いが (温泉もそのうちの1つだろう) 駅弁もまさにそう。よくぞ駅弁文化を残してくれました!!って感謝したくなる(^^ゞ

最近日本でも、台湾の駅弁の魅力を紹介する記事を多く見かけるようになったが、アタシは2年前に特集記事を読んで以来「狙ってた」から(笑) 実際食べれるのは、ホント〜に嬉しい♪♪ どれどれココは掛け紙が列車な下段の「ベントン」にするか♪ グフフ…乗ったらすぐ食べようvv




e0112226_1832515.jpg



先に書いたように枋寮で獲れる蓮霧は、黒珍珠として有名なだけあって、駅のそここに蓮霧なモチーフがあって楽しい♪ こうやって見るとバラのようでもあり、なかなかに上品な姿だよね。

さてこの枋寮駅。約20年ほど前までは台湾の西側を走る鉄道の最南端駅であり、終点駅であった。反対に東側の南端は台東止まりで、東西を結ぶ路線がなかった。途中にはだかる3000m級の山脈 (こんな高い山があったなんてビックリした!) と険しい海岸線が、長く行く手を阻んでいたのだ。

それでも最後のピースを埋めるべく、100キロに満たない距離ながら、着工から完成まで約11年もの年月を要し、東西間を結ぶ「南廻線〜なんがいせん」が、1992年、ついに開通した。お陰で現在、鉄道でクルリ♪と台湾1周ができるようになったのだ。

そんな苦労の末に開通した南廻線。もちろん台湾最南端を走る鉄道であり、海に山にと起伏に富むその風景は、他の路線のどこよりも美しいという。しかも、こんなステキなサイトを発見してしまったから、さぁ〜大変!

なんですのん!この魅力的な記事は!!
乗りたい乗りたい 乗ってみたぁ〜い!!!

と、乗り「鉄子」なハートにガッシュン!と火がついてしまった(^^ゞ




e0112226_18504668.jpg



1日たった1往復の各駅停車の旅。
ディーゼル機関車で牽引されるのは、天井扇風機な半世紀も前の古い客車。
OMG!! すでに石丸謙二郎の世界ではないか!!(笑)

端っこマニア垂涎の台湾最南端線といい、いつ廃止になるかわからない (と一部で言われている) という希少性といい、萌えポイントが多すぎて困る!!! と、ソッコ〜旅程に組み込んだvv

ということで、四大温泉制覇と同じくらい大事な大事なイベントとなった南廻線、普快車の旅。駅弁と冷えたビールと、シラスオムレツとカキオムレツと、フルー…(以下略(笑)…持って、いよいよ出発デスvv
[PR]
Commented by Cherry at 2014-06-25 22:02 x
台鉄いいですよね。鉄道への愛が溢れている感じ。どこかのJRももっと愛を持ってほしいですね。
Commented by giova21 at 2014-06-26 17:56
「愛」かぁ〜〜(笑) わかるわかる!私鉄がないから台鉄オンリーに注げますもんねvv ジモティにとってもホントの意味で「足」になってると思いますvv
by giova21 | 2014-05-26 23:12 | 2014年 高雄の旅 | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21