日生と赤穂へ小旅行 2. 苦難の牡蠣コース

e0112226_14372762.jpg



日生で牡蠣を食べ、どっかに寄っても (さらに) 食べても(笑) 十分日帰りできるのだが、今日は泊まれるんだ〜と思うと、ちょっと嬉しい♪♪

呑海楼改め〈ぐらんそーる赤穂〉
下駄が呑海楼のまんまなのはご愛敬だが、デッカイお日さま…って意味の「ぐらんそーる」ってネーミングはどうよ?とは、ちくと思う(^^ゞ

それでも海を望む広々とした部屋は、オナゴらしく嬌声をあげるほどステキ♪ で、さらにステキだったのは、通りを挟んで外に設けられた露天風呂。




e0112226_14565636.jpg



瀬戸内を一望するOMG!!!!! な露天風呂は、他に誰もおらず我々だけの貸切状態!(だから写真が撮れた)

幾つかの温泉宿が集まっているココ赤穂御崎は〈日本の夕日100選〉にも選ばれているくらい眺めが良いのだが、まさに夕暮れ時!赤く染まりゆく海を見ながらの温泉は、サイコ〜!に気持がよかった♪♪

カキBBQの後、ひとっ風呂浴びて帰る事も多く〈かんぽの宿〉〈銀波荘〉にも入りに来たことがあるが、いつもとっぷり日が暮れてるから真っ暗!明るいとこんなにキレイなんだ〜♪♪ だってね、小豆島まで見えるんだよvv

厳密に言うと夕日はずっと右手になり、この場所からだと朝日の方がキレイに見えるのだが、ま、この眺めを独占できたのだからよしとしよう。露天風呂はそれほど大きくはないので、たくさん人がいたらこんなにゆっくりできなかっただろうし。

長風呂なアタシたちが、いつも以上にとことん粘ってみたのは、湯に浸かってたらお腹減るかな〜と思って…(^^ゞ そう…まだ昼の牡蠣が胃袋にたんと残っている。そして…旅館の夕飯は早い…。

しぃい〜〜かぁ〜も!「牡蠣のフルコース」だったのだ!!




e0112226_1638481.jpg




「牡蠣 口福」〜蒸しに焼きに、フライに土手鍋と、まさに牡蠣づくしで、もちろんこのメニューに惹かれてとってくれたのだが、BBQの牡蠣がこないに消化できてないとは予想外!心なしか皆の箸の進みがのろい(笑)

せめてあと1時間遅かったらもう少し食べれたと思うのだが、無類の牡蠣好きの友人が、よりによって大好物!のカキフライを残すに至って、アタシは我がチームの敗北を確信した……

彼女が「牡蠣多すぎ!」と、全部で一体幾つの牡蠣が出てきたのか勘定し始めた時 (確か12個) アタシは大笑いしてしまったよ(≧▽≦)// 飲み放題もついてたのに全然飲めなかったし。いやでも勿体なかった!やっぱ「空腹」で挑まないとダメだよね(TOT)//

部屋に帰ると布団がひいてあって、満腹苦しいみんな、倒れ込む。お泊まり最大の楽しみ!部屋飲みのためにいっぱいお酒を買い込んだのに、それを開けることもなかった…という悲しい事実。しかもみんなもぅ寝てる??ウッソ〜!!起きれ〜!起きれ〜!!

というワケで、一番元気だったアテクシ (夕食はほぼ完食。多分牡蠣剥きに勤しんでいたため、みんなより量を食べなかったからだと思われる) 夜中までオリンピックをTV観戦し、布団の上で、真央ちゃんのラストダンスにホロホロと涙をこぼしたのでありマス…(合掌)




e0112226_19231724.jpg



翌朝、部屋からの朝日な眺め。やっぱこっち側が東向きなんだね〜♪

もちろんっ!日替わり露天の朝風呂も堪能してきたのだが、窓からの差し込む朝日がまぶしくて大変なくらいだった。

さあ〜今日も飽食タイムが続きますよ〜vv
[PR]
by giova21 | 2014-02-16 23:37 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21