日生と赤穂へ小旅行 1. やっぱハズせない日生の牡蠣

e0112226_1695337.jpg



いつもなら青春切符の時期に行くのだが、今年はなンだか行きそびれてしまい諦めてたんだけど、やっぱ行きたいっ!!というみんなの熱意が実り?恒例日生の牡蠣BBQに行ってきた♪♪

お腹減らして昼ジャスト!に着くはずだったのに……

検札係のおいちゃんに「ひなせぇええ?」と、スットンキョウな声出させるくらい驚かせてしまったのだが(笑) なぜだか相生で乗り換えを間違え、山陽本線で危うく岡山に行ってしまうところだったのだ。

毎年同じメンツで日生に行ってるクセになんでやね〜ん?!だが、乗り越し3駅で気が付き、すぐ折り返し電車に乗れたのはホントにラッキーだった。だって…1時間に1本しかないんだもん……(>_<)//




e0112226_1613269.jpg




と、少々ロスしてしまったので、みんな腹ヘリメーター振り切りMAX!!奪い合うように牡蠣を食べることと相成った (笑)

BBQセットに牡蠣剥き用ナイフがついてくるんだが、毎年来てるもんだからウルヴァリンのツメのごとくナイフが溜まってマス(笑)。でも、実際剥くのはアタシだけなんだな〜コレが(^^ゞ

火が通ってもパカッ!と殻が開かない牡蠣。放っておくと火が通りすぎて中で燻製状態になるので、1ミリでもすき間ができるとそこに刃をねじこみ、殻をこじ開ける。

この「技」が回を追うごとに上達したアタシvv 自然と焼いては剥いて、剥いては焼く…と、ヒナ鳥に餌やる親鳥みたくかいがいしく皆に食べさす牡蠣剥きマイスターとなってしまったのだvv 今では、もしかしてチャガルチ市場のアジュンマにも引けを取らないのではないだろうか…ってくらい自信があるのだが、いつか勝負できる日が来るだろうか? (きませんから…)




e0112226_16271327.jpg



剥きは担当するとして、調味料はいつものごとく友人Sが、万全完全のフルコースを用意。小さく切ったバターにネギ、にんにく、レモン etc…プチトマトも一緒に焼いたらウマイや〜ん!と、ホントにコレはありがたいvv

4人で軽く50個以上は焼いただろうか。牡蠣の塩味にレモンだけで食べるのが一番美味しいのだが、この量になるとさすがに飽きてくるので「口が変わる」調味料の充実は必要不可欠なのだ。

バターもだが、マヨネーズやタルタルなど、牡蠣って油モンと合うのよね〜♪ ベーコン巻きも去年美味しかったので見事採用になったのだが、今回のヒット!は、アルミホイルで作った簡易鍋で作る牡蠣のアヒージョ♪ ニンニクの香りがまた……ウマ〜ウマ〜♪♪ ハイ、キミ、採用決定ね! 来年もヨロシク!




e0112226_1718510.jpg




女子に大事なデザートも忘れずに!

焼き初めと同時に、隅っこに放り込んでおけば、牡蠣を食べ終わる頃にちょうどイイ塩梅に焼き芋ができてる…ってワケvv クフフ♪♪

ああ〜でもちょっと食べ過ぎたかも……
(控えめに!って言ってたんはどこの誰や!)

〈ボンパレ〉で宿が安くとれたので、今晩は赤穂に泊まることになっているのだが、夕食付きなんだよね〜。それまでにこの「牡蠣腹」が凹むのか??う=ん不安だ…
[PR]
by giova21 | 2014-02-15 23:58 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21