2014年 釜山の旅 4. ついに東菜パジョンを喰らうなり

e0112226_14235696.jpg



空港に着いたのが16時を回っており、韓屋を出る頃にはすっかり日が落ちていたのだが、地下鉄を乗り継いで急いで釜山市内へ向かう。

だって……お腹減ったや〜〜ん!

以前釜山観光した時に、食べる時間がなくて泣く泣く諦めた「東菜パジョン」に、たってのお願いで行ってもらう(嬉!!!)

パジョンとはチヂミのことで、我々が日本で食べる時、メインではなくちょっとつまむ脇役…って感じがあるが、ここ東菜地区で昔から作られてきたパジョンは、その味の評判から宮廷に献上されたほど。

今や伝統的なパジョンを作るのはここ〈東莱ハルメパジョン〉だけとなってしまったが、その味を90年以上に渡り守り続け、釜山名物だけでなく韓国伝統文化保存会にも認定されているという。うぅむ。たかがチヂミ…いやパジョン。スゴイです。




e0112226_1426270.jpg




モダンで高級感溢れる店内もだが、ずっしり重い真鍮の皿で出てきたのにはビックリ♪ さすが献上パジョン!じゃなく、コレは、今まで目にしてきたどのチヂミとも違うぞ!!

一見「カツとじ」か!というビジュアルだが(笑) 例えばお好み焼きだと、コテでギュ〜!って押し焼きするのと、ボウルをかぶせて蒸し焼きするのがあるじゃない?生地も山芋入りだとフンワリする。それと一緒で、米粉入りの生地を蒸し焼きするから、トロトロでフワンフワン♪♪ 甘くてシャキシャキのネギと、秘かに存在を主張する海鮮のマッチングもウマウマ〜♪♪

普段はとにかくまず腹の足しに…と、ビールと一緒にガツガツ食べちゃうB級グルメって感じのチヂミだが(笑) なんかこぅ〜手の込んだちゃんとした料理を食べてる…って感じ。お値段ちょっと高めだが、チヂミの概念を変える逸品。一度は食べてみて損はないと思う。




e0112226_15531734.jpg



あとね〜この店、パンチャン (一緒に出てくるつまみ) も上品でビックリしたvv デザートな甘いお餅もあったよvv



e0112226_18184868.jpg



コレはどっかのサイトにパジョンの他に1品頼みたい時にお薦め!とあって、頼んでみた「おこげの酢豚風」なんだが、、、、

見てくれも味もソ〜スゥイ〜トすぎてアタシは「お薦めできない」(笑)

他の人は石鍋ジュウジュウのビビンパッみたいのを頼んでたから、そっちの方がイイと思いますvv
[PR]
by giova21 | 2014-02-01 23:50 | 2014年 釜山の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21