秋のお寺巡り その4. 高野山ー上 (和歌山県)

e0112226_18385425.jpg



ちょっと行ってみたいランチの店があったので高野山へ。
店は予約でいっぱいで結局入れなかったんだけどね(>_<)//

さて…高野山というとアテクシには忘れがたい“おもひで”がある。
長くなるが、大いに笑える話なので?ちくと書いてみる(笑)

新設2年目の新しい学校で迎えた中2の夏。初めての「林間学校」が高野山にて行われる事になった。宿泊地である宿坊で、ワイノワイノと騒ぎつつ、当時大流行してた「大富豪」をみんなとやっていたアタシ。

ド貧民から起死回生「大富豪」になり、喜び勇んで階下の友人たちに報告しにいこうと (恐らく) ピョンピョン跳びはねながら階段に足をかけた時、ツリン♪ と滑って転倒してしまったのだ。その後の記憶は、外の手洗い場でジャアジャアと顔を洗っている所まで全く覚えていない。

でもって、なんで顔なんて洗ってるんだろう、なんでこんなに「汗」が出てるんだろう?って思ったら、ソレは「汗」ではなく「血」で、ドクドクドクドク頭から大流血!!していたのでアル!!

ピィ〜ポゥ〜ピィ〜ポゥ〜♪♪

ハイ。生まれて初めて救急車に乗り、後頭部を5だか6針縫いました…(TOT)/




e0112226_20521066.jpg



アタシが鈍くさいのもあっただろうが、宿坊の廊下って、そらもぅ〜ピカピカツルツルに磨かれてるのよ。多分ソレで滑ったのではないかと…。後で聞いたのだが、アタシが運ばれていった後、先生たちは大声でみなに触れ回ったそうだ。

みんなぁ〜!「靴下」を脱げぇえ〜!!! と

確かに「靴下」より「裸足」の方が滑るまい…
そして…栄えある「初」林間学校はこの後 廃止!となりました…
決してアタシのせいではありません!!

同じ中学に通った弟は「アノ」◎◎の弟か〜!と、事あるごとに先生たちに言われ、オマケに林間学校もなくなって真剣に恨まれる事に…。いやいや弟よ、ネエちゃんが悪かった!!スマン!

災難はオカンにも及ぶ。連絡を受け大慌てで高野山まで来てくれたのだが、タクシーがなく途方に暮れていたところ、ジモティのオジサマがマイカーに乗っけてくれたのだが、暗い山中のこと、我が身とムスメが心配で生きた心地がしなかったらしい…と、今でも小言を言われる(笑)

この日の帰り自ら運転しわかったけど、日が暮れると明かりもない山道は、シャレになンないほど真っ暗!!で、オカンの恐怖を身を持って実感した…う"ぅう〜親不孝なムスメでゴメンなさい…

とにかく…全ては「大富豪」のせいであり、靴下も宿坊も高野山にも全く非はありません!しかし、なんらかの負のイメージがあったのか、以来、近くは通れど高野山に行った事がなく、今回、ホント〜に久しぶりに聖なる地に足を踏み入れたのでありマスvv

やっぱ長くなっちゃったね〜(^^ゞ ってことで「づづく」
[PR]
by giova21 | 2013-11-10 23:21 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21