秋のお寺巡り その1. 浄瑠璃寺&岩船寺 (京都)

e0112226_20155512.jpg




この秋は結構寺社に行ったので、まとめて備忘録♪

【浄瑠璃寺】 *アクセス

京都や奈良の有名処を見尽くしたら是非に〜!とオススメしたい何度来ても大好きなお寺の一つデスvv って久しぶりに来たら、狭い道にデッカイ観光バスが2台も入ってきてビックリ!うぅむ…複雑な心境である…。

この日はまだ夏かいっ!ってくらい暑くて、コスモスもシュン太郎になってるけど、本堂以外は無料で見れるのも◎



e0112226_20302344.jpg



それでもっ!!何が何でもお金を払い↑↑↑本堂 (国宝:1107年建立) に入って欲しい!!東を向いて一列に並ぶ九体の阿弥陀如来像は、声を失うほどの荘厳さだからvv(写真撮れないからコチラ参照

経典によると、現世から極楽浄土に往生するには「九品 (九通り) 」あるといわれ「九」という数はとっても大事なんだそうだ。そこで九体の阿弥陀仏を祀った九体寺と呼ばれるお寺がたくさん作られたのだが、現在、九体全てが残っているのは、日本で唯一ココ浄瑠璃寺だけ。

京都の南の片隅、奈良との県境の山奥にあったがゆえ幾多の戦火を逃れ、900余年前もの平安の美が奇蹟のように残っている名刹なんである。同じく国宝の三重塔も、京都に現存する平安時代の塔 (2つしかない!)のうちの1つデスvv




e0112226_12273641.jpg



【岩船寺】 *アクセス

どっちを先に行ってもイイんだが、その間約1.5キロ。浄瑠璃寺とセットで行きたい岩船寺。浄瑠璃寺のような目玉な国宝はないが、四季折々の自然が素朴に美しいヒーリングスポットです♪

霊感ゼロなアタシだけど、お寺って何某か「気」を持ってるじゃない?澄んだ空気とかそよぐ梢とか小さな野の花とか。それらを感じるだけで充分心地良いのよvv え?あ?疲れてる??

「百塔参り」が流行り、多くの塔が建立された平安時代。岩船寺のある当尾(とうの) の里は「塔尾」と呼ばれていたそうだが、今は石仏の宝庫として当尾磨崖仏文化財環境保全地区に指定されている。

案内も充実してるし、いつか歩こう!と思いつつ今に至る現実…。ご年配の方々がリュック背負って歩いてる横を車で通り過ぎる度、イカンイカン!次回はてめえの脚で!と誓うアテクシでありました(^^ゞ




e0112226_13142071.jpg



歩いてるとね、こんなお楽しみもあるワケよvv 昔はこぅゆう元祖100円ショップがもっとたくさんあったような気がするけど、この時期ならではの柿がイイね〜vvv 

でもでも歩いてると荷物になるから躊躇するんだよね(>_<)// ここんとこジレンマで難しいのである。
[PR]
by giova21 | 2013-11-07 23:15 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21