夏休みの〆は徳島へ 7. 椿泊は嵐の前の静けさ。さらば徳島!!

e0112226_18483985.jpg




東の端っこに泊まったのは…朝一番の朝日を見てみたかったから。

ネムネムなんとか起き出すと、しまったったっ!お天道様、もう上ってるやん!6時は遅すぎたなあ〜と悔やみながらも朝のお散歩に出かける。

町の一番端っこ、半島の先っちょまで行ってみると、早起き太公望たちが既に釣り糸を垂れており、ポレポレ漁船も出航している。港町ってどこでも朝が早いね。




e0112226_20484183.jpg




小さな小さな町の中で、恐らく占有面積が一番広いであろう小学校は、水軍の長、森家のお城があった所。だから敵が攻めてきた時のために、わざと狭く入りくんだ道になってるんだな。波頭と椿の花の紋章がカワイイね♪

町の名の通り、山手には国内外約700種、3000本の椿が楽しめる〈椿自然公園〉がある。そこからの眺めは徳島八十八景にも指定されてるとか。




e0112226_20375713.jpg




うへえ〜となる階段だけど、
朝ご飯美味しく食べるためにがんばって上ってみよう!!!

ふうふうふう・・・・・・



e0112226_212145.jpg




ホントにね〜海岸線のわずかな平地に家が寄り添い建ってるの。

チンクエ・テッレみたいだし、鞆の浦よりずっと「ポニョ」の舞台にピッタリ!って思った。そう思うと、鞆の浦はずっと大きな町だったな。




e0112226_21142391.jpg




ハモというと京都や大阪の夏のご馳走だが、それがどこから来るのか知らなかった。なんとっ!徳島って、全国1.2位を競うハモの名産地だったのだ!!

言ぅてくれたら用意したのに〜とは女将の弁。
しもたしもた!!リクエストしておけばよかった(>_<)//
ハモだぁ〜〜〜〜い好き!なのにっ!!!

そいならせめて〈あなん丼〉を昼に…っ思ったけど、結局食べれなかったのがごっつ悔やまれる。




e0112226_2126074.jpg



潮風に吹かれながら1時間ほど散歩を楽しみ、朝風呂に入って朝食を食べ、宿を出る頃になると、案の定、雨が降り出し、やがてそれは横殴りの、まさに台風の暴風雨にぃい〜!!!

今思えばむっさアホな話なのだが、そんな中、もしかしてウミガメツアー見れるかも!(ウェルかめのロケ地にもなった) と、わざわざ南下して日和佐まで行ったのだが、もちろんツアーは中止!(アタリマエデス)

この辺りの海は大変キレイなんだそうで、ウミガメの産卵地でもあり、景観も美しいのに…うぅむ!やっぱ時期を誤ったな…(TOT)// リベンジ@ハモ!のためにもまたいつか訪れてみたいものである。

という悪天候のため、この日は道の駅とJA巡りに始終し、青果を買いまくることとなる(笑) 昨日、いろいろ回っておいてよかった〜(>_<)//

帰宅して数日後、近所に買い物に行って目がテン!になった。徳島産スダチ3個200円!!徳島=スダチなくらい有名だから安いのは当たり前だろうが、それでもア〜タ!徳島のJAでは100円も出せば両手いっぱいのスダチが買えましてよ!あ〜もっと買っとけばよかった!! (宿の女将に道の駅よりJAの方が安くてモノがイイって教えてもらった♪)

この女将、アタシの事を「奥さん奥さん」って呼んで、アタシ誰の奥さんでもありませんから!!って最後まで気まずかったけど「妙齢?!」の女性の呼称って難しいよね。イタリアで長らく愛されたシニョリーナ (お嬢さん) からマダムになった時もショックだったけど(>_<)//、まぁ〜いつまでも若くはないってことだな…口惜しいけど認めよう…うん(笑)




e0112226_222437.jpg




さぁて…徳島を去る前にもぅ1杯食べていこう!と、店よりアクセス重視で選んだ〈うえたい〉 やっぱり醤油勝ちの豚骨で〈いのたに〉よりやさしい味。ウマかったっす〜!う〜ん、やっぱラーメン巡りしたいなvv

この後、高速に乗り損ない小豆島を眺めながら(むちゃ近くに見えるのだ!) 高松へ戻り、高速バスに乗って帰阪。行く時期はちくとトチったが、コンパクトにいろいろ回れて楽しい旅でしたvv

おわり
[PR]
by giova21 | 2013-09-05 23:48 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21