夏休みの〆は徳島へ 4. 100年人形と祝@初徳島ラーメンと

e0112226_2002762.jpg



うどんは美味しかったが、その後襲ってきたキョーレツな睡魔と戦いながら、よぅやく徳島イン!

500年の歴史を誇り、人形浄瑠璃発祥の地といわれるお隣淡路島から、徳島へも伝来。独自の発展を遂げてきた〈阿波人形浄瑠璃〉のミニ公演が11時からあったので、慣れぬ軽をスッ飛ばしてきたのだ。
せっかくだから伝統芸能も勉強しなくちゃねvv

お題目は、ご当地ものの〈傾城阿波鳴門〜けいせいあわのなると〉
その触りの (何段とか言うんだよね) 30分ほどを見る。

数回しか見たことないけど、文楽の人形より大きいな〜って思ったら、やっぱかなりデカイんだそうだ。阿波人形浄瑠璃は農村舞台で発達したので、見場がイイように造作が大きくなったらしい。

1体を3人で操るのだが、大きいと重いだろうから大変だろう。いつも思うんだが、舞台が始まると、黒子の操り手が全く気にならなくなるのは不思議。意識が全部人形にいっちゃうんだろうね。

この日の娘は、約100年前の古い人形が使われてたんだが、年月を経た凄みがあって、目が合うとちょっとコワかった…(>_<)// 人形といえど、絶対「魂」持ってるよね…とアタシは思ってる。うむ。

隣には人形資料館もあって、なかなか楽しめる〈阿波十郎兵衛屋敷〉
数えるほどしかいなかったギャラリーの中で、最も熱心に見ていたのは、金髪碧眼の欧州人カップルでした(^^ゞ




e0112226_2081624.jpg



3時間ほど前にうどん食べたけど「麺類は別腹」なアタシ(笑)
お昼は名物徳島ラーメン!!と決めていたvv しかも初めて食べるから、もぅ〜楽しみ楽しみvvvv といいつつ、あんまし調べてなかったので、ココなら間違いない!と十郎兵衛屋敷で教えてもらった〈いのたに本店〉へ。

「中華そば」ってのがイイね〜♪  どれどれガラリ♪
大きなU字型のカウンターが2つ。そこにビッシリ客が座ってイイ眺めvv

肉入りってのはチャーシュー麺ってことだな。普通の中華そばが1杯500円で、これまた安い!と、食券を買っておばさんに渡す。混んでるけど朝のうどん屋と同じようにシステマティックに流れてるから、ほら、あっちゅう間にラーメンが出てきますvv



e0112226_2021583.jpg



うぉうぅ〜!ウマしょうぅう〜〜vv
肉!ネギ!メンマ!具がシンプルなんも好み♪

徳島ラーメンって、スープの色で「白系・黄系・黒系」の3種類あるそうなんだが、これはまさにブラァ〜ック!デスねvv スープは豚骨だけど醤油がちで(だから黒い) 意外にサラッとしており、自家製のストレート麺(ベリグ〜!!) によくからんでウマ〜ウマ〜♪♪

そして…なんといっても特徴的なのはチャーシューの代わりに甘辛く煮付けた豚バラ肉がのっかってること。これがかなり!!濃い味でしょっぱい。

ジモティはコレを「おかず」にして白いご飯を頼むのがデフォルトらしいが、さもありならん!って感じ(^^ゞ でもって生卵を入れるのもマスト!うぅむ…たかがラーメン、されどラーメン、勉強になりましたっ!!

讃岐うどんの食べ巡りも悪かないが、味の違いがよくわかんないし、食べ飽きそう。その点ラーメンは確実に味が違うから、やるならラーメン巡りだな〜vv 帰りにあと1軒寄れるかな?(笑)

*徳島ラーメンMAP  *徳島ラーメンの歴史
[PR]
by giova21 | 2013-09-02 23:20 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21