冬の終わりの淡路島プチ旅行 2. 神秘で神話な神社がいっぱいv

e0112226_12143755.jpg



イザナギとイザナミの神が、グルグルかき回した物体が下界に滴り落ちて日本という島国ができた…とは、子供の頃に読んだ絵本の話だったか?

それはともかく、一番最初に「産まれた」のがココ淡路島で、なんと「日本発祥の地」だったのデス!いやぁ〜知らなんだぁ〜(^^ゞ

そんな日本国の生みの親である2人を祀った〈伊弉諾 (イザナギ) 神宮〉
古事記や日本書紀にも記載がある我が国最古の神社と言われており、由緒ある「神宮号」も宣下されている。

うぅむ、どうりで菊の御紋がそこら中にあるワケだ!


e0112226_12233931.jpg


だってほら、ご神馬像?なんて言うんだろ?
その腹帯にも、金色に輝く御紋があって、ちょっとビックリしたよ。

いやいや、それよりもっとビックラ!するヒミツがあったのだ。



e0112226_14151292.jpg


境内入ったすぐにある巨大なオブジェ。コレは伊弉諾神宮を中心に太陽の運行を調べると、その軌道上に縁ある神社が立ち並んでいる…という不思議を現しているのだが、たとえば……

真東のラインをみると、我が国初の都〈藤原京〉があり、更にその先には御子(娘)神である天照大神を祀る伊勢の〈皇大神宮〜内宮 〉がある。

他にも、夏至と冬至の、日の入り・日の出ライン上にも〈熊野那智大社〉〈諏訪大社〉が鎮座する。




e0112226_14322350.jpg



八百万 (やおよろず) の神がおわす国、ニッポン。それこそ万もの神社があると思うが、偶然では片づけられないような不思議な位置関係ではないか。
こうゆうのをレイラインっていうのかな?古代の神秘だねぇ〜

淡路島行くって友だちに言ったら、絶対ココに行くべし!って薦められて来たのだが、いろいろ勉強になったわ。実際、とても清々しくて、鈍感なアタシですら、お伊勢さんのように「気」が感じられるところでしたvv




と、もぅひとつ行くべし!と言われたのが、同じイザナギ・イザナミの神を祀った〈おのころ島神社〉 ちなみに漢字で書くと〈自凝島神社〉となる。
んなもん、絶対読めませんから!!!




e0112226_1622770.jpg



遠くからでもよぉく見える大鳥居が目印vv
さてクイズです…アテクシはどこにいるでしょう????
・・・・
ってくらい大きい(笑)

ここもたいへん由緒ある神社なのだが(鳥居はもちろん菊の御紋入り)、作りは至って小さくシンプル。なんで鳥居だけあんなに大きいのん?って単純に思ってしまうが(笑) 御神体は大きくなくてもイイのです。

これら初めてお参りする神社では、いきなりお願い事をするんじゃなくて、無心で手を合わすのが良いらしい。

アタシは普段から「初めましてこんにちは♪」という人だから(笑) これも薦められた五円玉を9枚=45 (良いご縁) だけ用意して、静かに賽銭箱に入れてきた。イザナギ神宮さんだけに(笑)

だって9枚探すのも大変だったのだ!オノコロさん、ゴメン…


とまぁ〜「国生みの島」である淡路島には、神秘で神話な神社がたぁ〜くさんある。これすなわち、今流行のパワースポットでもあるだろう。
折しも今年は、我が国最古の歴史書〈古事記〉が編纂されてから1300年を迎える。〈くにうみ神話祭〉というイベントもはじまったし、歴史好きな人は是非〜ってお薦めしたい。

天気が悪かったこともあるし、他の神社も見てみてたいし、
アタシももぅ一度行ってみたいな♪
[PR]
Commented by Gianna at 2012-03-04 02:37 x
FBに鳥居の写真をのっけてはった時に見たことない~~って言ってましたけど、鳥居ばかりではなく知らざる淡路島話満載!!
え~~~っ!昔の人はどないしてこのレイラインに神社を建設したんでしょう?!何気にローマ人にも負けず劣らずな平たい顔族文化!!
次回淡路島(に行けるのか?!いや行くぞ!いえ連れてって~♪)に行ったら直に見てみた~いo(^-^)o
Commented by じょば at 2012-03-04 21:04 x
どうやって方向がわかるんだろ?って考えるとすんごい不思議!だけど、天体の動きでちゃあ〜んとわかってたのかも。陰陽道とか。平たい顔族もマヤ文明に負けず凄かったのデス!(笑) 淡路島なら日帰りで行けるし、ゴウゴウ〜!できますよvv
by giova21 | 2012-02-26 23:14 | にっぽんの休日 | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21