オバハンチャリダ〜しまなみ海道を行く 3. 因島

e0112226_1415846.jpg


向島の海岸線まで出てくると、、、
おっと、見えてきたぜぃ、第一の橋!因島大橋。
こぅゆう形状を〈斜張橋〉って言うんだってvv
おっちゃん、釣れてるぅう??

対岸の因島も手が届きそうで、
こりゃあ、イ〜ジィ〜に渡れそうだぜ!と思ったのも束の間…



e0112226_14142956.jpg



近くまで来ると、アレレ、随分、上にあるんだなぁ〜
そう…問題のアレです!アレ!
橋の上まで延々と上がっていかなければならないのだ(TOT)//
(しまなみ海道の中で2番目に高い橋!でアル)

しかも入口が随分離れていて、
(車は橋のたもとからすぐ入れるのに!)
入口まで1キロちょいも走る…いや…上るハメとなる。

ぜぇぜぇ〜ひぃひぃ〜という情けない息遣いもだが、
(これから何度も書くと思うが (笑) とにかく尻がイタイ!!
一体どぅなってんでぇい?!(怒)



e0112226_14262093.jpg



橋への登り口はこぅなっている。
あ、バイクも通るので、車線はキチンと守りましょう♪

一般道でもそうだが、サイクリングロードには青い線が引いてあり、オズの魔法使いの黄色いレンガ道のように辿っていけば、まず迷うことはない。
標識も多く出ており、サイクリストには親切な案内になっていると思う。



e0112226_14385785.jpg



息を整え………

わ〜〜〜いっ!!!!最初の橋を渡るのだっvvvv

上りじゃなくてウレシイ!!
平らな道なのがウレシイ!!

相方、早速ダッシュかまして、既に遠い点になっている。
わかりやすいやっちゃ!(笑)
ってコレ、橋の下の橋…なんだな。
ちょっと近未来系やん?

左がバイクで、右の緑ン所が人とチャリンコの道なんだが、
季節が良い時はそれなりの人&自転車が通るだろうから、
道幅の狭いグリーン@ロードは走りづらいだろう。
こんな時期に?来たものの特権として、
広いバイク道を独り占め!悠々のんびりとペダルを漕いでいく。



e0112226_150533.jpg



鉄骨が邪魔で、眺めよし!とは言えないが、
はぢめての橋だから、ウレシイじゃあ〜ないですか、うん!

たとえば京都市中をレンタサイクルで走る時は、
走りながらでもよゆ〜で写真撮れたけど、
前がグラグラするから絶対一度止まってカメラを向ける。
ってことは、いろいろ時間がかかるンである(笑)



e0112226_1584584.jpg



橋によって違うが、ココは1人50円也。
走り抜けながら、ストライクを狙って硬貨を放り投げる。

小銭を用意しなくて済むチケットもあったのだが、
最後まで走りきる自信がなくて、買わなかったのだ(^^ゞ
最初から弱気でしてん、実は…(笑)



e0112226_1522995.jpg



穏やかで温暖なこの近辺は、柑橘類の栽培が盛んである。
名物はっさくを包んだ大福で有名な〈はっさく屋〉が、因島に渡った橋のたもとにあるので寄ってみる。

甘酸っぱいはっさくと白あん、そして餅のハーモーニーは驚くほどマッチ♪
温州みかんが丸々1個入ったみかん餅も実に美味♪で、
なんか甘いモノがたいそう美味しく感じる。
豆大福もいっとく?と、2人で3つをペロリと完食(笑)

それに…お値段と〜ってもエコノ〜〜ミコ!!
ちょっと珍しいし美味しいし、家に宅配することにした。

「じゃあ、明日には届きますから」

え?待って待って!
明日だと帰ったら無いかもしンないから金曜着にしてください!
(金曜の夜に帰宅予定だったから(笑)
どこまでも意地汚いアテクシでありました……




さてさて、因島に来たからには『パイレーツ・オブ・瀬戸内』〈村上水軍〉の資料館〈村上水軍城〉に行きたかったのだが、時間がないので、もぅ1つ行きたかった所に絞ることにする。

それはズバリ!〈ヒカルの碁〉 じゃなくて…〈本因坊秀策囲碁記念館〉

でも〈ヒカルの碁〉は、今、一生懸命〈Gyao〉で見てますねん!(笑)
ルール全然わかんないけど、それでも不思議な事に囲碁への興味が沸いてきたので、碁聖と言われた秀策に少しでも触れてみたかったのでアル。



e0112226_16121261.jpg



三歳から碁石を並べ、六歳で近隣に敵なし!七歳にして三原城主に召し抱えられ、華道のように4つの家元が腕を競い合う御城碁においては、前人未踏の19連勝を飾ったまさに天才棋士vv 現在、囲碁には多くのタイトル戦があるが「本因坊戦」はその中で、最も権威があるそうな。



e0112226_16302386.jpg



一瞬、尼さんかと思うほど優しげなお顔立ち。
碁の他にも書もたち、教養深く品位ある人物だったそうだ。
「一度も怒ったお姿を見たことがありません」とは、妻の言葉である。

江戸でコレラが大流行した際、家元にも関わらず本因坊家の患者の看病にあたり、あげく感染。34歳の若さで死去してしまう。皮肉にも本因坊家のコレラでの死者は彼1人だけだったという。

…と、館長直々の説明を受けながら、館内を見学する。

「で、碁は打つの?」
「いやあ〜ヒカルの碁だけで…(^^ゞ 」
「アハハ!でも井山名人は知ってるでしょ?」
「へ?知りません!(断言)」
「 。。。。。。」

なんでも関西では (超)有名な棋士で、先日は、大阪から彼のファン (オバハン) が記念館にきたそぅだ。へえ〜囲碁界の石川 遼かいな?スイマセン…全然知らなかったけど、関西人としてその名前、記憶に留めておきマスvv

それより…記念館近くに、碁石付き・碁盤の目になってるマンホールがあったみたいで、アテクシとしては、そっちを教えて欲しかったなぁ〜(>_<)//



e0112226_17131927.jpg



この時期に走ると困った事がもぅ1つあったわ。
ソレは「日が暮れるのが早いこと!」
夏なら7時前まで走れるのに、今は5時過ぎたらもぅデッドライン!
暗くなる前に早く宿に入らなきゃ!
あ、でもビール買ってこか?と寄ったスーパーの駐車場でズッデ〜ン!!

この頃になると、両脚が筋肉痛でフニャフニャヘロリンポンポロポン
踏ん張りが効かなくて盛大にコケてしまったのだ。
ケガはなかったけど、パンツの膝小僧に穴が開いてしまった…
え"〜〜ん!!!コレ、おろしたてなのに!!初日なのにぃ!!!
[PR]
Commented by Gianna at 2011-12-28 03:11 x
いよいよ始まりましたね、チャリダー・ストーリー!よっ!待ってました!!
今回寄り道なしとのことですが、おいしいもんの買い食いはやっぱあり(笑)!!いや~そ~やないと長旅、楽しみ半減ですもんね♪
しかし凄い距離!!
私もじょばさん同様に普通の大阪の橋みたく、さら~っと通貨できるもんやと思ってたら、のぼりなるもんがあったんですね。。。いやはやそれを聞くまでは「私も~!」ってFBで言ってましたが、今はちょっと考えます(笑)。。続編期待☆
Commented by なつ at 2011-12-28 12:20 x
なんだか壮大なチャリンコ旅でびっくり(@@)
でも凄く面白い!続きを楽しみにしています♪
しかし、坂道のきつさとか・・・もう読んでいてびびってしまいました。
私は無理!
八朔大福が凄くおいしそうですね♪食べてみたい。


Commented by giova21 at 2011-12-28 15:19
Giannaさん発案「チャリダ〜」が気に入って使わせてもらってます(笑)でしょ〜?橋渡るのに上らなアカン!って、そらよぅ考えたら当たり前ですが、聞いてない〜!って逆ギレしそうになりました(笑) でもそんな事にエネルギー使うのすら勿体なくてひたすら無言で上ってました(>_<)// 絶対走りにくいと思うけど(笑) 2人乗り自転車もあるので、小3氏にがんばってもらうとか?はっさく大福が待ってるよ〜〜って(笑)
Commented by giova21 at 2011-12-28 15:19
なつさんへ
壮大…ってこともないんですが(恥) 他の人たちはみんな本格的に走ってたので、ユルイ計画とユルイ格好の我々はなんて無謀なんだろう…って(笑) まぁ〜それでも走破できたんだから、誰でもできるよ♪ って今は言えますvv お尻の処理さえなんとかしていれば…(爆) はっさく大福「シルシルミシル」で紹介されてたのをたまたま見て覚えてたんです。送料の方が高いくらいだけど機会があれば是非vv
Commented by なつ at 2015-11-14 13:42 x
先週やっとしまなみ海道行きました♪
実は因島のはっさく大福、ジョバさんのこの記事を読んで以来ずっと食べたかったんですよ。
で食べてみたらジューシーなはっさくの甘みと白あんの甘さが美味しくって感動!また食べたい!
あと青の線なんやろ?て思ってたんですよ。改めて読んで納得しました。体力が落ちないうちに次回はチャリで渡ってみようかな??来月、具志堅さんもチャリで走るみたいですね。
Commented by giova21 at 2015-11-16 11:52
ひゃあ〜!!! しまなみ行ったんですねvv 記事覚えてて食べたなんてなんか感激デス(๑˃̵ᴗ˂̵)و でもでも、ね、ね、美味しかったでしょう?イチゴ大福にヒント得たのかどうかわかんないけど考えた人エライ!! アタシも食べたくなっちゃった(TOT)//

当時はムリ!って思ったしツライ事もたくさんあったけど今は行ってよかった〜!! って心底思いますから、なつさんも機会を作って1つ2つでもいいから是非チャリンコで渡ってみてくださいvv
by giova21 | 2011-12-23 23:59 | にっぽんの休日 | Comments(6)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21