湖東の日帰り 1. ビックリ苗村神社

例年より遅れてる紅葉。それって枯れてるんちゃうん?という茶色の葉っぱも多く涙を誘うが、せっかくのこの季節なので、最近お気に入り_名刹も多く、景色も美しく、人も少ない_滋賀県は湖東の寺社巡りに行ってきた。



e0112226_16112493.jpg
昼前には着いたのに。。。。

〈こかぶ牧場〉

〈竜王かがみの里〉

〈アグリパーク竜王〉


次から次へと足止めをくらい
当初の予定はどこへやら(^^ゞ

なんで郊外には、
魅惑的な施設が多いのか?
土地もウリもあるとはいえ、
ちったあ〜考えて欲しい(笑)




おかげで、牧場直送のミルクとかジェラートとか、近江牛ハンバーグとか、近江牛コロッケパンとか、大根とか白菜とか、買っちゃうし食べちゃうじゃないのさ!フンプン!(喜)





さて…本題に戻ろう…


ほんと何の変哲もない道沿いに、そらぁ〜たいそう立派な門が建ってて、思わずおおぅ!って声あげちゃったので、米や大根やら買った後で(笑) 立ち寄ってみた〈苗村神社〉


e0112226_16485718.jpg



これじゃあ〜ちっくとわかりにくいが、
標準サイズの赤いノボリと比べてみて欲しい。
んと〜にデッカイ!の!

1400年頃に建てられた茅葺きの楼門 (重文) は、舌を噛みそな
三間社一戸楼門入母屋造
さんげんしゃいっころうもんいりもやづくり

もちろん…意味…わかりません…(笑)



e0112226_17142554.jpg



こんなとこばっか目がいってしまうが(笑)
知恵と技術の粋である組木の妙と造作の美しさを見る度、
私たちのご先祖さまは偉大だったんだなぁ〜って思う。

遠目には巨大な頭〜屋根が乗っかってるように見えるけど
これだけ茅が積まれていたらムリないわな(^^ゞ





e0112226_19243725.jpg



中に入ると、こぢんまりとしていながら、なかなかに流麗な本殿がある。
なんとコレ「国宝」!! だった。

肩書きに弱い日本人=アテクシですが、失礼ながら、こんな所に天下のお宝があるとは夢にも思いませんでした(^^ゞ

こちらは本殿なので、屋根は立派な「桧皮葺〜ひわだぶき」であります。
「桧皮葺」は重文や国宝級の建造物に使われる事が多いが、ネコの駅長で有名な〈貴志駅〉〜林業が盛んな和歌山県〜の屋根も「桧皮葺」だそうだ。

ひゃあ〜カワイイ駅舎やん!ちゃんとネコの顔になってるしvv
なるほど、現代の職人の手にかかると、こぅなるんだな♪





e0112226_19565110.jpg


一見、村の鎮守さま…っていうのどかな顔を見せてるんだけど、この苗村神社、近郷33カ村にわたって氏子を有する総社で、33年に1度行われる大祭は有名なんだそうだ (次回は2015年) うぅむ!実はとっても由緒ある神社だったんだな。どうりでビビビ!と引き寄せられた?ワケだ(笑)

とにかくアタクシは、この楼門がとっても気に入っちゃったよvv


あ、またお熱が入って長くなっちゃった(笑)
続きはまた続きへ……あれ?
[PR]
Commented by Gianna at 2011-12-06 04:49 x
うわ~よい~!!
私はまずひきの1枚目の写真を見て「なんて頭でっかちなの~!!かわゆし!」でした(えっ、違う?!)^m^

組木凄い!!頭でっかちなんて貧弱な表現をお許しを~って言いたくなるぐらいの絶妙さ!

それにしても毎回すごい場所探し出し→旅に出てはりますよねぇ、じょばさん!!あっぱれ!!
Commented by giova21 at 2011-12-06 20:41
そ〜なんですよvv すごく頭デッカチさん!
だから車中からでも、あっ!って気が付いたんです(^^ゞ
たまたま寄ったンだけどアタリ!な神社で嬉しかったですvv
ジェケ買いしたアルバムがよかったわ〜♪な心境?(笑)
関西もまだまだ侮れません!!
by giova21 | 2011-11-26 23:54 | にっぽんの休日 | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21