湖東の日帰り 3. 近江のポタラ宮は奇岩城だった

e0112226_168309.jpg


緑の絨毯の上をすべっていく近江鉄道。
カタタンカタタン…と、その音が聞こえてきそう。
心なごむイイ眺めだ♪

この近江鉄道、こんなシュテキな列車を走らせている。
トイレ停車とは笑うけど、でも必要だよね(笑)



e0112226_1624536.jpg



彦根から約1時間。
東近江は赤神山 (太郎坊山) の中腹に鎮座する〈太郎坊宮〉にやってきた。

はじめてその外観を写真で見たとき、
ワハハ♪♪ こらあ〜近江の〈ポタラ宮〉だわ。行ってみたい〜vv
って思った所でアル。むろん、全然違うけど(笑)



e0112226_17404616.jpg



ズルして車で半分上がっちゃった。
だって本殿まで742段!!も階段あるんだもん!
それでも残りはちゃんと登ったンですよ。エッヘンvv(ハァハァ…)

そしてご覧の絶景かな。
ああ〜キレイvv マルケみたい♪ (何でも例えてしまう悪い癖)

んん??琵琶湖はどこだ??って思ったら、全く反対側だった (TOT)/
ハイキングコース辿れば山頂に行くみたいだから
そっからだと見えるかも。でも今回はムリっ!!
だって既にナイアガラのごとき滝の汗。
これだから愛宕山もムリなンす… →お師匠サマへ



e0112226_18111077.jpg


ったくだらしがないのう!ワシと一緒に修行じゃ!!
とは、そこここで見かける天狗サマ。

この場所、この山が選ばれたのは、ちゃあんと意味があるワケで、
山岳仏教としての霊地、険しい岩場を持つ修験道と、
ここでは鞍馬山のよぅに、山の神=天狗サマが信仰されているんです。



e0112226_196962.jpg



巨石があっちこっちに転がりめり込んでる…という
山というより岩山な赤神山。

白眉は、本殿横にある「夫婦岩」で、
高さ優に数十メートルはあるだろう…という巨石がパックリ割れて、
ちょうど道ができてるの。スゴイなあ〜vv

神の山であるからして、もちろん、割れたのは神通力。
悪人が通ると、ガガガ〜〜って両側から挟まれる!と言い伝えられている。

距離約12mと長くはないが、幅は約80cmしかなく、
結構圧迫感があるし、確かに神秘的な何かも感じられる。
実際、結構有名なパワースポットらしく、
壁に触れながら通って、岩のパワーをもらうとイイらしい…



e0112226_19235835.jpg



それでもやっぱり思っちゃうんデス。
これは…インディ・ジョーンズだと……(笑)
ああ〜アタシには御利益はないな…
と、思ったら車のフロントガラスに鳥のウンチが…

ゲゲっ!って思ったけど、こちらに祀られている天照大神の第1皇子
正哉吾勝勝速日天忍穂耳命 (な、なんて長いんだ!) は、その名前から、

まさに吾 (わ) れは勝ち負けることがない。
勝つことの速いこと日が昇るごとし

という「勝運」の神として、必勝祈願を願う人が大勢お参りに来るという。
そう…勝ち、ウン!!

そんな場所で「ウン」を落とされたなんて、ちょっとラッキ〜じゃない?
と、拭き取らずにそのまま家まで持って帰ってきた(笑)
ちょうど目線の先にあって困ったんだけど(^^ゞ



e0112226_20213657.jpg



という、これもなかなか楽しかった「太郎坊宮」を後に、
ココまで来たんだから…とゴリ押しされて〈竜王アウトレット〉に行き、
〈蒲生野の湯〉でサッパリし、今日も1日よく遊びましたvv
[PR]
Commented by Gianna at 2011-07-14 05:17 x
めっさしょ~むないコメしていいですか?!
この天狗様の水が出るやつ・・ツボった~!!!!
ってなこと言ってると一生修行ですよね・・
それにしてもいっつもどうやってこういう情報をゲットしてきはるんですか?!?!関西に長年住んでたけど知らんとこばっかり~!!
Commented by giova21 at 2011-07-14 19:04
天狗ツボった????(笑)(≧▽≦)(笑)
最初気が付かなくて、ギョッ!ってしたんです
ネタは普通に雑誌とかで見つけます
アタシも知らなかった所ばっかですけど、
特に地方独自が発行してる情報誌は、
こういったコアな所も紹介されてて楽しいンですvv
これからしばらく滋賀にハマって遊ぶつもりです(^^ゞ
by giova21 | 2011-07-11 23:05 | にっぽんの休日 | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21