新緑の但馬日帰り 1. 生野銀山

GWがあったとはいえ、出歩きすぎな気もするが (仕事もしてないのに)
高速1000円がいつ廃止になるかわからないので行ける時に行っておこう♪

丹波篠山のお隣、但馬地方。
目指すは、その一番南側にある朝来(あさご) 市 である。
播但道に入ると、のどかな田園風景と、目にもまぶしい五月の新緑が、
わぁあおぉうぅ〜〜!と叫びたくなるほど美しい。
で、実際叫んでたので写真は、ない(笑)


e0112226_17225011.jpg


まっつぐ銀山に向かう予定だったのだが、
途中、銀谷(かなや) という町でお祭りをやってたので、途中下車。

100歩ほどで回れそうな、小さな通りの小さなお祭りだったが、
田舎ならではの、のどかで微笑ましい手作り感がいっぱいで、
あれこれ出てる屋台で、昼食や!とばかりに大いに食べてしまった。

だってね〜テキ屋じゃなく、住民が出す屋台だから、とにかく安いっ!
但馬牛串焼き2本300円、焼きおにぎり2個100円。特大ソーセージ100円。
エビスもたったの250円と、千円札1枚でたらふく食べれたわ(笑)

おまけにお薄とお菓子は無料…と、
ポッと訪れた旅人にとっては、申し訳なく思うほど。
ありがと〜〜銀谷の人たち〜♪♪


e0112226_17404419.jpg


で、気になるコレ、駅そばなるものを初めて食べた♪
姫路駅のソレが有名らしいのだが、和風出汁の効いたツユに黄色いラーメン!という、何とも変わった「そば」である。むろんコショウではなく一味を振って食す。

最初は「!」な違和感を感じたが、イチゴに大福、おかきにチーズな相乗効果があって、うぅむ、かなりウマイvv コレは見事なコラボである。今度はちゃんと「駅」で食べてみたいな。


と、道草が過ぎたようだが、本命〈生野銀山〉に到着〜〜♪♪


e0112226_18124670.jpg


西日本において銀山といえば、世界遺産の石見銀山が有名だが、こんな所 (失礼) にも立派な銀山がある事を知ってから、一度来てみたかったのだ。石見は遠いし(笑)

807年に銀が発見されて以来、1973年(昭和48) の閉山_ついこの間まで、現役で活躍していた(ちなみに石見は昭和18年にて閉山) 規模は石見に及ばずとも、日本で初めて政府直轄銀山に指定された模範鉱山でもありました。



e0112226_18412425.jpg


入口を飾る重厚な石門には
ご覧のように菊の紋章入り♪

三菱に払い下げられるまで、
皇室の財産でもあったのデス。

それではまず外回りを見てみませう♪







e0112226_19144745.jpg



鯉が泳ぐ池に滝に花…と、公園かと思うほど、敷地内はキレイ♪
坑道内見学は左手に入口があり、太鼓橋の所が出口となる。

こうやって見ると、見た目はこんもりした山…鉱山だが、
内部は…というと、エライことになっている(笑)



e0112226_1935408.jpg


忠実に作られた模型らしいが、山中に巣くうアリの巣そのもの(笑)
これ、地下じゃなくて、山の中…ね。
こんだけ掘っても崩落しないのは、鉱山が尋常でない硬さだったから。
そのため、人の手では1日4センチ掘るのがやっとだったンだって。

それでもお宝目指して掘りに掘ったり!
その総延長、実に350km!(新幹線の新大阪〜静岡間) にも及ぶそうだ。
スゲ〜〜ことだな!

という生野銀山。以下つづく。。。。。。
[PR]
by giova21 | 2011-05-14 23:53 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21