春の青春きっぷで行く 江田島・呉の旅 5.

e0112226_11504615.jpg


煉瓦が建築材料として用いられたのは、遠くメソポタミア時代からだという
「煉瓦色」ということばもあるように、茶から赤まで、濃淡豊かな色合いは
時を経るたび味わいを増し、建物に優しさと風格を与える。

通称、そのまんま〜な「赤レンガ」〜幹部候補生学校庁舎は、大きさもさることながら、たいへんスマートで美しいプリンセス♪

アタシのような煉瓦好きの人は少なくないようで(笑)〈赤煉瓦ネットワーク〉たるものが「日本赤煉瓦建築番付」を発表しており、我が大阪〈中央公会堂〉と並び、西の横綱として番付にあがっている。



e0112226_1159344.jpg


ダートマス(英)、アナポリス(米)と並ぶ世界三大兵学校と言われた江田島。
日本は、当時、最強最大だったイギリス海軍を範とし、
「赤レンガ」の設計を英国人に委託。

何百万個と使われた特注の赤煉瓦は、
その一片が当時の職人の日当に相当するほど高価なもので、
イギリスから1つひとつ油紙に包まれ「軍艦」で送られたという。

「どうぞ触ってみてください」
そう言われ、触れてみてビックリ!!した。な、なんだコレは!?
ツリュッツリュッ!!のスベスベで、まるでセラミックのよう。
うへえ〜こんな煉瓦初めて!間違いなく今までで一番の素肌美人だわ♪
行かれた人は、ぜひ是非触ってきてね!



e0112226_1222565.jpg


大講堂はドイツの建築物みたい…って思ったけど、
この庁舎は、オックスフォードのクライスト・チャーチみたい♪

レンガの積み方にもいろいろあって(そ〜なんだ!)
長い面を向けてまず一段、次は短い面を向けて一段…って積んでいくのが
「イギリス積み」って言うんだって♪
もちろん、ここはイギリス積み。うんうん、キレイだね〜



e0112226_12212260.jpg


庁舎の裏手にあるのが、堂々たるドーリア式の柱を持つ教育参考館。
16000余点にものぼる歴史的資料のうち、約千点が展示、見学できるようになっており、脱帽して赤絨毯の階段を上がれば、東郷平八郎の遺髪を納めた正殿がある。

多大な功績を残した名提督であり、当時の日本海軍の栄光を語る資料もあるが、何と言っても胸を突かれるのは、戦争が生んだ愚かで哀しい事実のソレである。壁を埋め尽くす人名_特攻隊員。死を目前に、母に、妻に、子どもにあてた最後の一筆。

特に印象深かったのは、海軍大尉佐久間勉の最期である。何度も遊びに行き、第二の故郷とも思っている福井県出身ということもあったが、当時の軍人は、鋼のように自らを律し、弱きを思う、本当の強さを持っていたんだな。

多くの命が失われたという点については、去年原爆資料館を見た時も思う所がたくさんあったが、それとはまた違う悲しみを持って見て回った。



e0112226_13402199.jpg



教育参考館の前で、コロコロと一生懸命白線を引いていた隊員。
知らずに踏んでしまった別の隊員に「あ"あ"ぁ〜」って情けない声(笑)
聞けば、行進用の歩幅を身につけるためのラインだとか。
その一歩、75cm也

イギリスの近衛兵の歩幅は30インチ(76cm)と決まっているそうで、
でも日本はcmだから、じゃあ〜キリよく75にしちゃおう!ってなったかどうか知らないけど(笑)とにかく、自衛隊の規定は75cmなんだと。
もうすぐ桜の木の下、新入生が歩きにくるのだろう。



e0112226_13582954.jpg


ゴミひとつなく、お見事っ!というくらいキレイに整然としてます。
松の木さえ、ここでは直立不動のまっすぐ(笑)
(なぜか?という理由を聞いたが忘れました(^^ゞ
電線は地中を通っているので、より一層、空間が広々見える。
桟橋の方も行ってみたかったけど、案内なしに歩くのはダメで、ちくと残念
それでも、やっぱりココは来ておくべき所だろう

*見学について *江田島へのアクセス



e0112226_14242799.jpg


こぅゆう地域の常で、バスの本数が少ない。
ならばゆっくりカレーでも食べていきましょう♪
海軍といえばカレー!
日本人のカレー好きは、もぅ面々と受け継がれているようデス(^^ゞ

見学者も利用できる食堂は、こざっぱりした雰囲気だが、
まぁ〜メニューが安い!!
丼500円〜うどん400円〜 1番高いのが海軍スタミナ定食800円
海軍カレーはサラダ付きで550円。う〜んステキ♪

そのカレーは、ジャガイモホクホクと、思わず笑顔なおふくろの味。
このご飯の盛り方、ナイスじゃありません?美味しかったデス♪
でも_個人的にビックリウマかったのは、同メニューにあった広島ラーメン
麺もスープも◎で、オイオマエ、やるな!って感じ(笑)
「広島」ラーメンも是非食べて欲しいな vv

土産物屋もあるが、隊員のための購買部もあって、
制服といった指定物が並んでいて興味深い。あ、コンビニもあるよ♪
じゃ、ノド乾いたしビール買おう!と思ったら…
もしかして…という予感はあったけど、案の定、置いてなかった…(>_<)/
でも正門出たら(我々一番最後)目の前酒屋♪ブラボ〜ナイス♪
ロング缶を回し飲みしながら、呉へと向かう港、小用に向かいマス
[PR]
by giova21 | 2011-04-03 23:50 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21