秋の日帰り 津山の旅 1

外部からの差し入れで、日本中のウマイもんを三時のオヤツにフツ〜に召し上がってるK女史。その彼女が「コレはね〜美味しかったぁ〜♪」と大絶賛してたのが〈つゝや〉の五大北天まんじゅう。

地元では有名な店らしく、こっちの雑誌でもよく見かける。や〜ん、オイラも食べてみたいやん?で、どこにあんの?え?津山?ソレって岡山やんなぁ…サンフレの応援に広島まで車で行く師匠の事思い出し、2時間もあれば着くやろ〜と、行ってきましたがな♪

が、紅葉シーズンで吹田入口からベタ混み!こんなん初めて!ってくらいの大渋滞で、三田過ぎるまで2時間近くかかって泣いたが、後は Always 空いてマス♪な中国道のこと。捕まらないように (前科有り(^^ゞ スピードも上げつつ、SAで休憩もしながら、1時過ぎに着いたのは上出来だったと思う。


e0112226_13302568.jpg


ブツの詳細は食べログを見てもらうとして…買ってすぐ車中で食べた(笑) ソレは、なるほど!あっさりアンコで、こらぁ〜幾らでも食べれるわな〜♪
〈御座マン〉のように飽きがこない、たいへん素朴なお饅頭。

しかも1個50円!という今どき涙が出そうなエコプライス。せっかく150キロもかけて来たんだから…と5包=50個買ったアタシはバカでしょうか?(笑) あ、師匠の恨めしそうな顔が浮かびますが、日持ちしないんで…スイマセン…

津山といえば〈B-1グランプリ〉で一躍有名になった〈ホルモンうどん〉が名物。ホルモンをオヤツに食べてた…というK女史=じゃりン子チエはともかく、正直、アテクシあんまし好きじゃない。トリモツやレバー、ガツは大好きだけど、テッチャンとかがね〜あんまりね〜
でもっ!!せっかく津山に来たからには、食べてかなアカンでしょ?!



e0112226_1441673.jpg

ンだらば、、、
なんてタイミングがいいことに、
こんなんやってましてん♪
これって日頃の善行の賜よね!(違)

〈B-1グランプリ〉は万の人が来場したらしいから、ココもスゴイ事になってるんちゃうか?と戦々恐々で行ってみたらガラガラだった…
い、いいのか?ってちくと心配…






さっそく屋台を回り津山味巡り。フホ〜!こいが本場のホルモンうどんですな。スゴイ色だが(笑) 甘辛ダレがしっかり絡んで、ホルモンもこれなら気にならない。うん、美味しいやんvv ちょっと冷めてるのが△だが、アチチを食べればなおウマイだろう。

〈カキオコ〉〈タマちゃん〉も出てる〜♪ (ユルイHPがなんとも◎ (笑)
日生の店に行ったことあるけど、ココのはね〜ソースじゃなくて岩塩で食べるから、とてもあっさりいただけるの。ソレがウマ〜ウマ〜♪

e0112226_14211696.jpg

さっきお饅頭食べるの我慢しとけばよかった…というより、、、
ビール!ビール飲みたい!地ビール売ってたけど…ここはガマンです…

しょうがないから、街のシンボル〈津山城〉を散策してみよう。


e0112226_1521699.jpg


思った以上に立派な城趾で、長きをかけて修復されてきたらしいが、石垣がとてもキレイである。垂直に見えて、実はてっぺんが反り返ってる「必殺ネズミ返し」(笑) でもね、こんな風に積むってスゴイ技術だと思うのさ。最も高いものは45mもあるそうだ。


e0112226_15175157.jpg



桜の名所らしいが、紅葉だってホラ、とぅてもキレイ♪
11月末とは思えぬほど暖かく、快晴に恵まれたこの日。
お天道様というスポットライトに照らし出された葉っぱたちが
短いステージを思う存分謳歌して、
アタシたちの目を楽しませてくれマスvv



e0112226_16244468.jpg



見ない時は全然見ないのに、
今年はいろんな所のいろんな紅葉を見れてよかった♪
今しか見れない自然のパレット。大キャンパス。
これに勝る画はないよね、きっと。



e0112226_16281394.jpg



天突くほど高い銀杏の木が1本。
こんもり茂った葉が、燃えるような金色に輝いて
チラホラ舞うその欠片が、天と地を同じ色に染めていく。
シュールなくらい美しい光景であった。

ザクザク足下は、葉っぱの絨毯。キレイだね〜♪
御堂筋の銀杏並木のように匂わないのは、この木が「彼」だからなんだな。
葉っぱの真ん中が割れているのが雄(ズボン型)
割れてないのが雌(スカート型)

ヨソ様に鼻高々で吹聴してはソンケ〜の目で見られるが(笑)
仕事中に師匠に教わった事は今でも忘れません(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2010-11-21 23:04 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21