2010年夏 “青春きっぷ”で尾道&広島の旅 8.

e0112226_1672475.jpg


ロープウェイで上まで登ろうかとも話してたが、暑くて却下。
昨日乗ったからエエやんな (違!)

千畳閣の豊国神社をそそくさと見て、
クーラーの冷気がかろうじて流れてくる土産物屋通りを歩く。
いかにも〜♪な店が並ぶが、観光気分で見ればそれなりに楽しい。
イタリア人のカップルが、もろみ味噌を興味津々で試食していた(笑)
話しかけてみればよかった(^^ゞ


e0112226_1627247.jpg



賑やかな〈表参道商店街〉の裏は、一転、静かな〈町屋通り〉
その名の通り町屋が点在して、落ち着いた雰囲気を醸し出している。
古い商家や洒落たギャラリーもあって、そぞろ歩くにはイイ感じなのだが、
(何百回も言うが(笑) 暑いので、
軒下の影を求めて、ジグザク忍者走り。コレもまた暑し……



e0112226_1720631.jpg


どぅ〜でもイイんですけど、こ〜ゆ〜の見逃せないタチで…(^^ゞ
バレバレのシークレットブーツをはいた消火栓(笑)
ちゃんと使えるだろうし、意味があるに違いないが、
〈トマソン〉に認定したい。


e0112226_179850.jpg


本日2杯目のビール片手に宮島を後にする。
奈良の大仏さんと一緒くらいの高さ (約16m) がある大鳥居も、
こ〜やって見ると、ポッチリ小さいなぁ〜
夕方や夜の眺めもまた、さぞかし美しいことだろう。


e0112226_17535384.jpg


アテクシ的に『杭州文庫のブックカバー』としても有名な〈うえの〉
(弁当の包装紙をカバーにしてる。これがまた味な絵柄なのだ)
師匠に言われるまでもなく、じぇ〜〜ったい行くつもりでした。

3時前だというのに、予想通り結構な人が待ってるが、
涼しい待合い室に座って、ちっくと汗をひかすこととしよう。


e0112226_17554514.jpg


まンず頂きますのは〈白焼き〉でありマス♪
穴子の旬はズバリ今!夏である。
肥え太ったしっかり肉厚の身は、そのままでも充分ウマイが、
冷酒とあわすとまた・・・・・(幸♪)
飲みきりお猪口はたったの100円なので、飲める人は是非♪


e0112226_18131962.jpg


寿司屋の最初と〆に穴子を食べるくらいアタシは穴子が好きだが、
たとえばソレと同じ…を想像してはいけない。
とろける…ではなく、しっかり咀嚼して味わう穴子を、
アタシははぢめて食べたかもしれない。バンザイ!アナゴ♪

とにかく_敷き詰められてウットリするよなビジュアルといい、
タレがしゅんたご飯のところといい、
噛めば噛むほどアナあなアナゴの味わいといい、ハラショ〜♪
冷めても_お弁当も絶対オイシイよ、これ。
車中で開けたらテンション上がるだろ〜なぁ〜(笑)


ちなみに、女性は〈あなごめし小〉で充分だと思いマス (我々も小)

〈広島三越〉にも店舗があり、お弁当の予約ができるそぅデス。
しもた!!ンなら帰り (両親に) 買ってってあげればよかったぜよ(TOT)/
[PR]
Commented by 駄菓子 at 2010-08-29 01:09 x
ロコロトンドにコメントを書くタイミングを失いながら、ここでコメントを書くのはナニですが……トマソン、懐かしいですね。
調べてみたら、ちくまから文庫が出ているんですね。
ふっふっふ、うちには白夜書房の「超芸術トマソン」の初版があるんですが、1万ユーロくらいで売れるかなっ♪
Commented by giova21 at 2010-08-30 20:08
トマソン…懐かしいでしょう?大好きです。こ〜ゆの
って、初版もってる駄菓子さんに1票!
レア本?なのでどぅぞ大事に!でもなんで1万「ユーロ」?(笑)
追伸:デートのお誘いありがとうございます♪
『雨の御堂筋』(?)でお待ちしています(^^ゞ
by giova21 | 2010-08-22 23:05 | 青春きっぷの旅 | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21