2010年夏 “青春きっぷ”で尾道&広島の旅 2.

e0112226_19294774.jpg


普段、こんな昼日中に外を歩かない事もあるが、
それにしても_殺人的な暑さ!でアル。
文字通り汗が滝のよぅに流れて
思わず売店で〈尾道方言手拭い〉を買ってしまった(^^ゞ
タオル巻いてたんだけど、余計暑くて…

脱げば焼けるし、着てると暑い。
Tシャツにアームカバーつけた人を見て思わず唸る。
なるほど…あぁ〜すればエエんや (>_<)
しかし、枕カバーはおろかアームカバーなんてシャレたモン持ってない。

イタリア〜三国〜ときて、尾道・広島で最後の仕上げ。
上等じゃん!と、二の腕丸出しノースリーブに。
(列車の冷房が強くて冷えるので上着は必須なのだ)
嗚呼〜これでまた焼けるなぁ〜 (TOT)/

というか…当初は自転車でしまなみ海道を回るつもりだった。
そんなことこの炎天下でしたら、アタシは5秒で蒸発してただろう。
無謀という名の妄想は、つくづくオソロシイ。


e0112226_19295725.jpg

宿泊プランについてたロープウェイの往復券。
でも、帰りのチケットはいりません。
変わりゆく景色を眺めながら、木陰を求めながら、歌碑を読みながら
〈文学のこみち〉をテッテケ下れば、じき〈千光寺〉

放浪記=森光子という、恥ずかしい知識しかないが、
林 芙美子をはじめ、多くの文人に愛された尾道。

たしかにこの風景は、やさしく穏やかで、
心身をとっぷりゆだねたくなる。
個人的にもアタシは〈海が見える光景〉が大好き!なのだが、
瀬戸内の海がこんなにも魅力的とは思いもしなかった。
ウレシイ発見でアル。

e0112226_1930720.jpg


千光寺を出てさらに下るその先は、長々と続く階段でアル。
下りでよかった…と思いつつ、
いや、下りの方がしんどいんだ…と、早くも腿裏が抗議の声をあげている。
つくづく情けない…(TOT)
しまなみ自転車走破計画を見直す必要がありそうだ(もはやムリ?(笑)


e0112226_1953734.jpg

細い坂道の終点は電車道。
ヨッコラ階段に腰掛けて、電車が通りゆくのを眺める。
まっすぐ行けば商店街だな。
暑くて珍しくお腹も減らないくらいだったけど、
そろそろラーメンでも食べにいきますか。
[PR]
by giova21 | 2010-08-16 23:29 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21