春の恒例 三国 山菜狩りの旅 2.

以前は1日に二度入るのも当たり前だった我々の温泉巡り。結構入ってるで!という自負もあったが、借りてきた地元MAPを見ると、行ってない温泉がまだたくさんある。す、スバラスィ!で、「ひっそり沸く静かな温泉地」(だったかな?(笑) のコピーに惹かれ「大聖寺温泉」ちゅうとこに寄ってみよ〜ということになった。

こいゃあ〜鳩ヶ湯並みの秘湯ぜよ!と、むっさ山間部の集落を走るも、山へ山へと狭くなる道に、こいはオカシイばい!と、ジモティに聞いてみると「そン先は行き止まり」って言われてショ〜ック!

代わりに「太子温泉」ってとこを教えてもらいました。尋ねたおばちゃんに「山中の総湯入ってきたのに何でまた?」って不思議がられたけど(笑)

e0112226_18151717.jpg


こんな所ならではの「共浴場」デス。いはく、ご近所みんなで使う家族風呂…というところでしょうか。友人の同僚(岐阜県) ン所にもあったそうで、なんとソコは混浴!だったそうな。

子供の頃からのすり込みとは恐ろしいもんで、何の疑いもなく彼女は裏のおいちゃんと一緒に、かなり大きくなるまで「一緒に入ってた」らしい(笑)

いや、ココはちゃんと分かれてマスからご安心を!番台なんてもちろんなくて、木箱にチャリン♪と100円玉を三枚入れる。シャワーもあるし、小さいながらも清潔で感じのよいお風呂デス。婆ちゃん家の居間みたいな休憩所もエエ感じ♪

畑仕事を終えたら即直行♪しかも温泉。贅沢デス。ココの人たちは、ホントの意味での「裸のお付き合い」してるんですね。アタシたちにも気軽に声をかけてくれるし、自然と挨拶が行き交いします。どうだルシウス!(笑)

帰る時、入口にズラリと止まった車のほとんどに「もみじマーク」がついてたのと、カワイらしく並んだシルバーカーに思わず微笑んでしまったけど、湯も人もあったかい所でありんした。

歩いて2分ンとこにも共同浴場があるし…あああ!!ココが大聖寺温泉なの?チッチッやられたぜ〜

オマケ:ここの住所は「直下町」ですが、チョッカ〜!と読んではいけません。正解は「そそりまち」ひええ〜そいは読めんがな!そそり…と聞いて、焼き鳥のせせりを食べたくなった(笑) ああ〜腹減った〜さぁさ帰るでよ〜!
[PR]
by giova21 | 2010-04-29 23:23 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21