秋に行く岐阜の旅 最後を締めるチョンボな悲劇

e0112226_13412094.jpg

地方に車で行く楽しみのひとつが道の駅 (中部編)
いつ誰が考えて設置されたのか知らないが
ホンマこれは楽しい「駅」でアル。

思うに…特に田舎は、
数キロ単位でたくさんあって設備も充実&キレイ。
賤母〜しずも のソコには、石釜ピッツア屋台があって感動しました!

今回も「青い看板」見つける度に止まってしまい
時間がいくらあっても足りゃあ〜しない(笑)
でも最後にココ は、わざわざ足伸ばして来てみた。
直径24メートルの巨大木製水車!スゴイですね〜♪


e0112226_1359368.jpg

大阪帰るまで、ノンストップで飛ばしても3時間。
そろそろ…いや…もぅ帰途についてなアカンねんけど
「せっかく」だから最後に温泉入っていきたい(笑)

ネタもないまま適当に行ってみたら、なんと潰れてて…(TOT)/
でも…そこで諦めない?のがあたしたち。
通りの自動車整備店で「近くに温泉ないですか?」って聞いてみた。

そしたらソコに来てたお客さんが(笑)
「帰り道やし、途中まで先導してあげる」と
立派なハーレーで、ブロロロロ〜♪と温泉まで案内してくれたのだ。

道中…大きく手を振りながら
「コレが世界一大きい狛犬」「コレが世界一大きい茶壺」と
瑞浪市三大世界一 (こんなんあるんや〜(笑)
走りながら説明!してくれた彼は、
結局、温泉 の駐車場まで送ってくれました。

いやあ〜いい人でした〜(TOT)/
本当にありがとうございました♪


e0112226_15252269.jpg

以前、もっと大阪に近い愛知万博に行った時。
時間遅いにも関わらず、帰りに欲かいて温泉入ってったら
帰宅したのが夜中の2時回ってた……というオソロシイ前科がある2人。

まだかろうじてお日さま出てるし、今日中に帰れるやんな♪
エエ湯やな〜と、のんびりチャポン♪
出た時はもちろん真っ暗だったけど、まだよゆ〜だと思ってた。

が、この温泉、山奥にあって、帰り道がままならない。
教えられた通り走った (つもり) が、
アレ?あの (見覚えのある) 建物って、、、
どこをどぅ回ったか、アンビリバボ〜なことに
スタート地点の温泉にまた舞い戻って来てしまったのだ!!
まるで「夢」を見ているようだった(笑)

気を取り直して第二陣。

ようやく目的地である「東海環状道」に出て一安心。
後は乗りっぱ楽勝やん♪と思ってしばらく走ってたら、、、

「飯田〜◎◎キロ」という表示に、いやぁ〜な予感が…
(飯田って長野ちゃうん?)←心の声 by 心拍数350
そのうち「恵那〜◎◎キロ」と出て、ストップすと〜〜っぷ!!
恵那行ったらアカンや〜ん!!!

逆走してました……ハイ
ちょっと泣きそになりました…

自分で言うのもなんだが、
よぅこんなんでイタリア走ってると思う。いやホント。
やっぱナビっているかな…?

それでも途中、ICでご飯食べて、
その日のうちにベッドに入れたンだから
最後の特大チョンボはグリコの「オマケ」でいいだろう。
(前向きなあたし(笑)

だって、、、楽しい1泊旅行だったし。
また行ってみたいと思いマス、岐阜♪


[PR]
by giova21 | 2009-10-26 23:41 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21