秋に行く岐阜の旅 妻籠宿 その2

e0112226_14583232.jpg

頑強で勇猛。「武士の馬」と誉れ高かった木曽の馬。
同時に、農民にとっては険しい山中で共に働く家族の一員でもあった。
だから木曽には「ウマっこ」の工芸品がたくさんある。

よく見かける木彫りの馬〜木曽駒もだし
ここでは、花馬祭の馬をかたどったこより馬が実演販売されてました。
この子 (↑) は、ワラっこ馬(巨大!)ですが…(笑)


e0112226_158044.jpg

妻籠にもステキなばあちゃんがいた!
ヒノキの白とイチイの紅を、
毛糸のように織り込んだ伝統工芸品「ひのき笠」
あ、おっちゃんが1つ買ぅていった。
よかったね♪


e0112226_15243922.jpg

山な木曽である。
見た目、杉さん、松さんしかわからんあたしには、
この山中に、一体どれくらいの種類の木があるのか皆目見当がつかない。

その中で、伐採を禁じられた特別な木があるらしい。
ヒノキ、ネズコ、サワラ、コウヤマキ、アスナロ
名付けて「木曽五木」

このうち、堅く、軽く、水に強い「ネズコ」を使った
「ねずこ下駄」も木曽の名産品のひとつ。
カラコロその音は、きっとこの町によく似合うことだろう。


e0112226_15413455.jpg

そして忘れちゃいけないのが銘菓「栗きんとん」
どこ行っても店がたくさんあって、
わからんわ〜い!としてるうちに買いそびれてしまった(TOT)/

「すや」のソレが大阪高島屋で買えるので
(オイシイよ〜♪売り切れ御免の人気商品デス)
まぁイイか…と思ったものの…
こないに種類があるのを見ると、
どこぞで買ってくればよかったと後悔…

でも……

妻籠宿で買ぅたもの =>> 栗っ!!
おっちゃんが袋に詰めてたクリを買って帰りました。
これがね〜ホクホク甘くうまかったの〜
コレがニッポンの栗の味なのね(TOT)/

[PR]
by giova21 | 2009-10-20 23:56 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21