名前の陰のエトセトラ… イケイケ・フェウディ編

Lacruma Christi〜ラクリマ・クリスティ。言わずと知れた「キリストの涙」は、バンド名では決してなく(笑)、カンパーニャで作られているワインの名前であります。

数多くの造り手がいるなかで、やはりココは、カンパーニャの雄、イタリアワイン好きなら一度はそのエチケットを見てるはず…の「フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ」のビアンコを飲んでみることにしませう♪

清々しく華やかな香りとフレッシュな旨み。たちすぎないミネラルが余韻を締める。もっと厚みがある白かと思ってたが、とても繊細な味わいデス。

e0112226_1840383.jpg
Feudi di San Gregorio
Lacryma Christi del Vesuvio D.O.C. Bianco 2007
フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ
ラクリマ・クリスティ・デル・ヴェズーヴィオ・ビアンコ 2007
*コーダ・ディ・ヴォルペ65%、ヴェルデーカ15%、
ファランギーナ10%、グレコ10%
*ジョバッキエーリ5/3.5


聞き慣れない「コーダ・ディ・ヴォルペ」とはカンパーニャの地ブトウで、ブトウの房が弓なりになるその姿が、まるで【キツネの尻尾〜Coda di Vorpe】のようだ、ということで命名されたそうです。なんかお茶目だね〜(笑)

もちろん「キリストの涙」にもいろんな伝説があって……

追放された腹いせに天国の土地を持ち去ったサターンが、逃げる途中、ソレを落としてしまう。その場所にナポリの街ができたのだが、住人は悪事ばかり。そんなナポリを憂い、流した涙…

とか…

ヴェスヴィオ火山の噴火で壊滅したポンペイの街を思い、流した涙…

とか…

どちらにしても、キリストが哀しみ流した涙からブドウの樹が生えてきて、ワインとなった…というお話。その味わいや、ゲーテが「なぜキリストはドイツで涙を流してくれなかったんだろう」と嘆いたというから、さもありなん…である。

そんな伝説を思い浮かべながら飲むと、なるほど、この繊細さもうなづけるのでアル。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




長くなったが(^^ゞ 、その「フェウディ・ディ・サン・グレゴリオ」が、ターラントで、プーリアの地ブドウを使ったワインづくりをはじめ「OGNISSOLE〜オンニソーレ」という新ブランドをたちあげました。

樹齢50年以上のプーリアの地ブトウ、ヴェルデーカの古木から造られてますが、スタイリッシュな面構えの通り、心地よい酸味と爽やかさ、ドライ感があり、ひと言でいうと「キレイな白」という味わいです。

キリリと冷やして、室温に戻っていく過程も楽しみながら、魚貝類とあわせると美味しいだろうな。

e0112226_1950583.jpg

OGNISSOLE
MEDICO di MAGLIE
Verdeca Puglia Bianco 2006

オンニソーレ
ヴェルデーカ・プーリア・ビアンコ
*ヴェルデーカ100%
*ジョバッキエーリ5/3.5


バジリカータのポテンツァにも新ワイナリー作り、今や大資本でイケイケなフェウディだが「ogni-sole〜太陽は永遠に…陽はまた昇る」というブランド名や、絶滅に瀕していたヴェルデーカを守った、マリエ国の医者の話に由来して命名された「MEDICO di MAGLIE」とか(ああ〜ここにも“伝説”が!(笑) ワイン造りの姿勢は真摯であると思うし、これからの更なる躍進を期待したいと思いマス♪ ←エラソ〜!!(^^ゞ
[PR]
Commented by vruocculu at 2009-06-25 19:21 x
お久しぶりでーす!!!
いやぁ〜ん。。。。やっぱり好み同じですか?
私のスキな一本です!!!!
でも、今日はワインないんだった。。。(苦笑
Commented by giova21 at 2009-06-26 10:26
おはよ〜ございます!
エヘヘ。。また好きが“かぶり”ましたか?
いつかご一緒に飲んでみたいですね〜♪

Tペーパーとか消耗品(ワイン)の備蓄がないと嫌なタイプなので、
常に積んでるんですが、この暑さの中、
死滅してしまうのではないかと心配してます(^^ゞ
Commented by izumi at 2011-06-04 09:42 x
昨年ガリポリにて、プーリア陶器のでかいピッチャーで、どかんとサーブされたハウスワインの白(ひとりやっちゅーの…)。
カメくんに名前を聞いたら「ヴェルデカ」と。聞いた事のない名前だったので、ずっと気になってました。今改めて調べていたら、さすがじょばさん!ここに書いておいてくれはったんですね〜。絶滅の危機に瀕してたプーリアの地ぶどうだったのか〜。ふむふむ。

この夏は「ヴェルデカ」ワインをテーマにしようかな?教えてもらってありがとう!
あ、かの地の「ヴェルデーカ」、線の細すぎない感じがとても好みで、魚介とセットでもちろんサイコーでした。もちろん残さずのみましたぁ〜ン。
Commented by じょば at 2011-06-04 21:51 x
izumi さん こんばんは♪
古い記事をたぐり寄せてくれてありがとうございます(^^ゞ
ここもちゃんと整理しないと…と思いつつ…(^^ゞ

>>プーリア陶器のでかいピッチャーで〜
ああ〜目に浮かんできそう♪♪
魚介との相性はバッチリ!ですよね〜vv
で、いつの間にかスイスイすっころば〜し♪と飲んでしまう…(笑)
これからそんな白が恋しくなる季節!
他にもizumiさんのお薦めがあったら教えてくださいね♪♪
by giova21 | 2009-06-20 23:08 | 日々是ヴィノ三昧 | Comments(4)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21